“Toshinori Kondo Recordings”started on Sep.11, 2014.

Complete the first phase of Toshinori Kondo Recordings!

Complete the first phase of Toshinori Kondo Recordings!

近藤等則は2014年秋より、過去20年の未発表音源を毎月フルアルバム1枚分に編集、あらたにミックスして配信する、音楽ダウンロード配信サイト“近藤等則レコーディングス”をスタートしました。ジャズからスタートし、ポップミュージックを極めたミュージシャンが、さらに美しい音楽を求めて地球の鼓動、自然の息遣いにインスピレーションを得ようと試みた魂の軌跡です。本当に美しい傑作揃いです。
“近藤等則レコーディングス”は1アルバム1500円、3アルバム4,000円、6アルバム7,000円、12枚アルバム12,000円のプランを選んで音源をご購入いただけます。
試聴もできますので、気に入ったのがありましたらぜひご購入いただき、近藤等則の音楽活動をサポートしてください。皆様のご支援・ご感想を心よりお待ちしています! 

Toshinori Kondo,a Japanese electric trumpeter,had wandered in the Nature of the Earth for seeking the 21st Century’s music for last 20 years.He started the site called “Toshinori Kondo Recordings” ( tkrecordings.com ) which is the membership site for selling his music downloaded on Sep.11, 2014.Pray for the resonance of all the lives on this small planet.
It is the music downloading selling site of the membership system. We deliver 12 pieces of full albums by monthly released a year. The member can download it depending on the count of the downloading ticket.

links

Live at Hot Buttered Club
links

BARTON RAGE Presents Realm II PARALLAX

Blow the Earth in Japan 2011
地球を吹く in Japan 2011〜震 動〜

Blow the Earth in Japan
地球を吹く in Japan 2009

ZONE ZERO
行方不明

Blow the Earth in Himalaya & Alaska
地球を吹く ヒマラヤ&アラスカ編

links

Blow the Earth in Andes part I
地球を吹く in Andes part I

Blow the Earth in Israel 地球を吹く in Israel

The War Fairy Tales 戦争童話集

Space Pilgrimage 宇宙巡礼

Emotion / 感情 Free Electro LIVE 2003

Deeply Dreamed  深く夢見て

links

3,JUN 2017 Toshinori Kondo Blow the Earth in Hibikinada

Kitakyusyu,Japan

近藤等則 夕陽を吹くin ひびき灘

6月3日(土)16:00~
近藤等則 夕陽を吹くin ひびき灘
(小雨決行。雨天の場合は6/4に順延)

チケット 1,000円(障害者、高校生以下は無料)
場所:ピープルファーストぴのきお
北九州市若松区安屋3338

TEL:093-742-6665,080-3997-0313
E-mail:pinokio@yahoo.co.jp

主催:ピープルファーストぴのきお
日本グルントヴィ協会
株式会社アール&エフ

13–14 May,2017 Toshinori Kondo with THE VAGRANCY ENSEMBLE plus Solo at St. Helena

13–14 May,2017 Toshinori Kondo with THE VAGRANCY ENSEMBLE plus Solo

Samstag | 13. Mai 2017 | 20:00
Sonntag | 14. Mai 2017 | 20:00
Dialograum Kreuzung an St. Helena

In Situ Art Society präsentiert Comment Dire
Kuratiert von Georges Paul

THE VAGRANCY ENSEMBLE featuring TOSHINORI KONDO
+ TOSHINORI KONDO solo “Blow The Earth”

Toshinori Kondo (JP) – Trompete, Elektronik
Till Kuenkler (DE) – Posaune
Matthias Schüller (DE) – Posaune
Ursel Quint (DE) – Live Coding, Elektronik
Rie Watanabe (JP/DE) – Vibraphon, Schlagwerk
Kuno Wagner (DE) – Schlagzeug
Karl F. Degenhardt (DE) – Schlagzeug
Caleb Salgado (US/DE) – Kontrabass
Georges Paul (GR/DE) – Saxophone, Kontrabas

Dialograum Kreuzung an St. Helena
Bornheimer Straße 130, 53119 Bonn-Nordstadt

Eintritt: €15 | €9 ermäßigt
(für Mitglieder der In Situ Art Society: € 10 | € 6 ermäßigt)

Kartenreservierung: tickets@in-situ-art-society.de | Tel.: 0174 / 1839210

in-situ-art-society.de/

7,MAY 2017 Toshinori Kondo – Blow The Earth in Kufstein

Am So. 7. Mai 2017 ab 19:30 Uhr spielt der Toshinori Kondo sein Soloprogramm “Blow The Earth” in der Musikschule Kufstein.

Satelliti, das sind Marco Dalle Luche und Andrea Polato. Mit ihrem faszinierenden Mix aus funky Electro-Rockjazz und analogem Techno begeistern sie Clubs und Konzertsäle gleichermaßen.
Und wer weiß, bei 3 so genialen Improvisatoren, vielleicht ergibt sich eine Jamsession.

■Event details
07.05.2017
08:00 pm
Landesmusikschule
Krankenhausgasse 16
6330 Kufstein,Austria.

Ticket: EUR 15,-
Box Offixe: EUR 18,-

www.kufstein.com/en/kufstein/events/toshinori-kondo-blow-the-earth-support-act-satelliti.html

5–6 May,2017″Brötzmann plus…”at Haus der Kunst

Munich,Germany

“Brötzmann plus …”
Peter Brötzmann – woodwind instruments
with
Toshinori Kondo – digital trumpet;
Joe McPhee – trumpet and saxophone;
Heather Leigh – steel guitar;
Marino Pliakas – bass;
Alexander von Schlippenbach – piano;
Michael Wertmüller – drums;
Han Bennink – drums

Friday, May 5, 8 – 11pm (with break) / doors open at 7:30 pm
Saturday, May 6, 7 – 11pm (with break) / doors open at 6:30 pm

Tickets
Friday 15 Euro / Saturday 15 Euro
Combined ticket for both days 25 Euro

Haus der Kunst
Prinzregentenstraße 1
80538 Munich
Germany

www.hausderkunst.de/en/agenda/detail/1/

23.APL 2017 Toward a Philosophy of Sound

Toward a Philosophy of Sound
 
2017年4月23日(日)、専修大学文学部哲学科の公開講座「パフォーミング・アーツと哲学」の第3回が開催されます。出演は、ペーター・ブロッツマン氏(ドイツ)、ドラムスのポール・ニールセン・ラヴ氏(ノルウェー)、近藤等則。入場は無料で、事前予約登録が必要です。

公開講座「パフォーミング・アーツと哲学」第3回のテーマは、「音の哲学に向けて」。「見る」という知覚からとらえられてきた哲学を、「音を聴く」行為でとらえなおす試みです。ヨーロッパの大学や美術館では、アートと音楽、ダンスとアートなど、現代アートの異なった分野の融合を進める活動が活発に行われており、フリーインプロヴィゼーションもその一翼をになっています。専修大学文学部では、異なるジャンルのアートや表現を積極的に講義にとりいれ、学生や一般の方が様々なパフォーマンスに触れる機会を作っていく予定です。

■開催概要 
タイトル:
専修大学文学部哲学科公開講座
「哲学とパフォーミングアーツ」第3回
テーマ:「音の哲学に向けて」
開催日:2017年4月23日(日)
時 間:開場14:30~ 開演15:00~
場所:専修大学生田キャンパス新2号館アクティブ・スタジオ
   〒214-8580 神奈川県川崎市多摩区東三田2-1-1
■出演:
ペーター・ブロッツマン(テナーサックス、クラリネット)、
ポール・ニールセン・ラブ(ドラムス)、
近藤等則(エレクトリック・トランペット)

トーク・司会:
専修大学文学部哲学科教授 
伊吹 克己(いぶき かつみ)
専修大学文学部哲学科教授
金子 洋之(かねこ ひろし)
入場料:無料(要事前予約)
定員 :200名

ご予約受付は終了しました。

キャンセルの場合は、必ずご連絡いただけますよう、お願いいたします。

*ペーター・ブロッツマン(テナーサックス、クラリネット)
1941年ドイツのレムシャイト生まれ。「ジャズ・ヘラクレス」と称されるフリージャズの巨人。フルクサス運動の洗礼を受ける。サックスとクラリネットを独学で習得。 60年代半ばからプロのミュージシャンとして活動を始め、66年ジャズ・リアリティーズとして欧州楽旅、ヨーロッパ初の即興演奏オーケストラ、グローブ・ユニティーに参加。67年、初リーダー作「For Adolph Sax」を、68年には「Machine Gun」を自主制作。69年ミュージシャン自身でレコード制作、ワーク ショップ、フェスティバルなどを行なうためにアレキサンダー・フォン・シュリッペンバッハ、ヨスト・ゲバース等とFree Music Production(FMP)を設立。以後、膨大な数の作品を発表し、現在まで精力的に活動し続けている。

*ポール・ニールセン・ラヴ(ドラムス)
1974年ノルウェーのモルデ生まれ。現代音楽シーンで最も人気のあるドラマーの一人。「美しい爆発」「最も革新的でダイナミックで多面的なドラマー」と評される。90年代半ばからその頭角を現す。2000年にドイツでレコーディングされたアルバム「The Thing」は、のちにヨーロッパの最も重要なジャズグループのバンド名となり、極限的なノイズミュージックからアメリカンフリージャズに至るまで様々な音源を発表している。現在、尖鋭フリー・ ジャズ・ビッグ・バンドLarge Uni 他多数のユニットに参加。2016年に大友良英とのデュオでヨーロッパツアーを行っている。

*近藤等則(エレクトリック・トランペット)
1948年愛媛県今治市生まれ。78年にニューヨークに渡り、多数の新鋭ミュージシャンと活動。80年代に「IMA BAND」で一世を風靡する。93年、アムステルダムへ拠点を移し、「地球を吹く」プロジェクトに取り組む。2012年帰国。2014年9月より音楽ダウンロード販売サイト「Toshinori Kondo Recordings」をスタート。自然から得るインスピレーションに忠実に即興演奏を行う「地球を吹く」プロジェクトのコンセプトは、2017年2月のヨーロッパツアーで若いインプロヴァイザーたちに熱狂的に迎えられた。直近では2017年3月11日に、福島県双葉郡楢葉町で「地球を吹くin 楢葉町」として野外ライブを行っている。

会場となる新2号館は、東日本大震災により損壊した校舎を、新たに建設したものです。新2号館は博物館実習設備やスタジオ設備を備え、同時に建設された新3号館は大学院棟となります。専修大学では、建学の精神「社会に対する報恩奉仕」に基づき、「社会知性(Socio-Intelligence)の開発」というビジョンを教育の根幹とし、学部・大学院への社会人の受入れ、科目等履修生等の受入れ、一般市民の皆様に向けての、各種公開講座・講演会・シンポジウムなどを開催しています。

専修大学生田キャンパスの位置する生田緑地は、岡本太郎美術館(川崎市多摩区枡形)、 藤子・F・不二雄ミュージアム(川崎市多摩区長尾)、川崎市立日本民家園(川崎市多摩区枡形)といったアートを楽しめる施設が点在しており、都心に近く自然に恵まれたアート圏です。専修大学生田キャンパス新2号館、新3号館は、生田緑地にあらたなアートの魅力を伝えるスポットになることでしょう。

■アクセス
専修大学生田キャンパス新2号館
小田急線向ヶ丘遊園駅北口よりバス
「専修大学前」行きバスで約10分 → 終点下車、徒歩3分
「専修大学9号館」行きバスで10分 → 終点下車、徒歩6分
「聖マリアンナ医科大学」「あざみ野」行きバスで約10分
東急田園都市線・横浜市営地下鉄あざみ野駅よりバス
「向ヶ丘遊園行」のバス「専修大学入口・川崎ゴルフ場入口」下車、徒歩5分。
詳細 www.senshu-u.ac.jp/univguide/profile/access/ikuta_campus.html

■お問い合わせ mail@toshinorikondo.com

Photo:
Peter Brötzmann
Toshinori Kondo : cafe beulmans
Paal Nilssen-Love: Peter Gannushkin

ペーター・ブロッツマン/ポール・ニールセン-ラヴ デュオ Japanツアー2017
BrötzmannNILSSEN-LOVE Duo Japan 2017

12-13,APL 2017 近藤等則,満月を吹く朝陽を吹く

近藤等則、満月を吹く朝陽を吹く

近藤等則ライブ
「満月を吹く、朝陽を吹く。」

望月現れ、今こそ清水を湛えた千枚田に姿を映す。

近藤等則は森羅万象に向け、指揮棒の代わりに息を振るコンダクターである。観客に背を向け、眼下の千枚田から広がる宇宙に現れた望月にその息を振る。

オレは、近藤の息遣いそのものと、眼前の宇宙に在る森羅万象が息に感ずる反応を、近藤等則と共に聴こうと思うのだ。

どうですか、一緒に聴きませんか? というお誘いです。

ーーーーーーーーーーーー
2017.4.12  Wed 19:00~ + 13 Thu 05:00~

油井昌由樹 Human Power Lab. 主催
自然化学反応実験 第1回 千葉県 鴨川 大山千枚田

近藤等則「満月を吹く / 朝陽を吹く」

会場受付:千葉県鴨川市平塚540 大山千枚田 棚田クラブ

Schedule (雨天決行)
17:00~開場 千枚田に映る夕景(陽入18:10)
19:00~Moonrise  Live(月出19:11)→A 
20:00~22:00 トーク&Food&Soft Drink→B
恵比寿にんにく屋 オーナーシェフ 遠藤英之の料理
05:00 Sunrise Live(日出05:16)→C 

料金
A:Moonrise Live 5000 円
B:トーク&Food 5000 円
C:Sunrise Live 5000 円

※宿泊(合宿タイプ/相部屋/タオル等持参/朝食付き/先着10名様まで) 5000 円

詳細は
www.facebook.com/events/1883869305165526/ 
油井昌由樹 イベント 0412
moonsun.peatix.com/  
peatix 油井昌由樹 自然化学反応実験
E-mail: moonsun20170412@gmail.com 
油井昌由樹 事務所メール

Blow the Earth in Naraha-cho

“Blow the Earth in Naraha-cho” by Toshinori Kondo was held in Naraha-cho, Fukushima Prefecture on March 11th, 2017.

Naraha-cho is a town located in Futaba-gun, Fukushima Prefecture. This town is hold by Mother Nature but also has faced on the big problem.

Naraha-cho was suffered from the serious damage as a result of the earthquake of March 11th, 2011 and also the subsequent tsunami. The whole area of the town fell to the exclusion zone of 20 km around the Fukushima Daiichi Nuclear Power Plant. The town was completely evacuated by the order of the town.

The evacuation order was completely lifted on 4th September 2015. Restoration efforts by citizens of the victims’ towns caused by the earthquake itself began in 2016.

Mr. Kondo played for those who are still facing on the conflict and also for human beings.

Kondo has continued to concentrate on music alone in the nature. But that was the moment the sound of Kondo was truly connected to the people.

“Blow the Earth in Naraha-cho” by Toshinori Kondo brings you such a great time. Please check it out the live performance of Kondo.

His journey has still goes on.

MAR 26,2017 BLACK SMOKER RECORDS 20th Anniversary『JAZZNINO』

BLACK SMOKER RECORDS 20th Anniversary『JAZZNINO』

2017年03月26日(SUN)
Nakano heavysick ZERO
BLACK SMOKER RECORDS 20th Anniversary『JAZZNINO』
【OPEN&START】19:00
【当日】3000YEN(1D別)
【前売り】2200YEN(1D別)
ジャンル:CROSSOVER
予約:
zero@heavysick.co.jp
03-5380-1413

ACT:
ACT:
鈴木勲+近藤等則+KILLER-BONG
Kinetic[千葉広樹×服部正嗣]+OMSB
大谷能生+JUBE+BABA
DJ MASA a.k.a. Conomark
DJ YAZI
DJ VIZZA
VJ ROKAPENIS

Nakano heavysick ZERO
〒164-0001東京都中野区中野5-41-8 カースク中野B1,B2F
zero@heavysick.co.jp
03-5380-1413

free Electric trumpeter Toshinori Kondo official web site