Toshinori Kondo “夢宙-DreamSpace” JUN,20 2016 ON SALE!

Nature × Spirit × Technology が結実した近藤サウンドの到達点

近藤等則が“鎮魂のアルバム”と呼ぶ、セルフプロデュース作品。ますます磨きの掛かる、唯一無二のエレクトリック・トランペットの研ぎ澄まされた一閃のサウンド。電子楽器であるシンセサイザーで編みながらも、どこまでも有機的に蠢くトラック。地球を吹き、都市に生き、魂で語ってきた近藤等則が、今、伝えたい何か。言葉を越え、“音”と化した、現代の詩篇。今を生きる、全ての人々に。

↓ご購入はコチラ Buy here↓
links

夢宙 / Dream Space
from TK RECORDINGS / TKC-001

作曲、録音、トラック制作、演奏:近藤等則

1. 彼方から From There
2. ここに生まれて Born Here
3. 星空の海辺 Seaside in the Stars
4. 透き通る風 Clear Wind
5. ささやく声 Whispering Voice
6. 抱かれて Cradled in the Arms
7. 胡蝶の夢 Dream of Butterfly
8. 広がる空 Sky Widens
9. 旅立ち A Departure

All songs are performed & composed by Toshinori Kondo
Recorded at Kondo Soundbody Lab.Studio in 2012 ~ 2016

このアルバムを2011年に亡くなった両親、治樹とサナミに捧げる。
This album is dedicated to my parents,Haruki & Sanami,departed in 2011.
Toshinori Kondo ( Electric Trumpet & Tracks)

↓ご購入はコチラ Buy here↓
links

※近藤等則の音楽配信サイト『TOSHINORI KONDO RECORDINGS』では、20年間の未公開音源をご購入頂けます。

THE FUTURE OF ELECTRONIC IMPROVISED MUSIC PART2

The Future of Electronic Improvised Music
~電子即興音楽の未来〜二ヶ月連続東京公演

近藤等則 (Electronic Trumpet, Tracks )

いのちの根源である呼吸を電子化する
電子化された呼吸がいのちを即興する
即興こそいのちの現れだ

近藤等則のクールでありながらどうしてもあふれてきてしまうロマンティックな世界観を共有するYama a.k.a.Sahibさん(Turntable)、EIJI Shibataさん(G)とのセッションです。そしてこの秋、ソロアルバム『Espoir』をリリースしたばかりの守家巧さん(B)の参加が決定! これまた絶対はずれることのないテッパンの組み合わせです。

第二夜

2016年12月27日(火)
会場:六本木 VARIT.

出演
近藤等則 :Electoronic Trumpet、Tracks
DJ Yama a.k.a Sahib :turntable
EIJI :Guitar
守家巧 :Bass

7:00pm 開場/7:30pm 開演
前売り4,000円/当日4,500円

六本木 VARIT.
〒106-0032 東京都港区六本木5丁目18-2 大昌第二ビル B1
TEL 03-6441-0825 FAX 03-6441-0826
E-Mail:info@r-varit.net

www.r-varit.net/

e+ で11月19日(土)より発売開始
links

“Toshinori Kondo Recordings”started on Sep.11, 2014.

近藤等則は2014年秋より、過去20年の未発表音源を毎月フルアルバム1枚に編集、リミックスし配信する、音楽配信サイト“TKrecordings“をスタート!

ジャズからスタートし、ポップミュージックを極めたミュージシャンが、さらに美しい音楽を求め、地球を旅した珠玉の20年間。地球の鼓動、自然の息遣いにインスピレーションを得ようと試みた魂の軌跡。素晴しく美しい傑作揃い。どうぞ心ゆくまでお楽しみ下さい。

TKrecordings“では、選択したプランに応じて下記のダウンロードチケットが加算されます。
12枚セット¥12,000、6枚セット¥7,000、3枚セット¥4,000、1枚のみ¥1,500
各プランを選びダウンロードください! 
※詳細はTKrecordings参照、視聴可能です

Toshinori Kondo,a Japanese electric trumpeter,had wandered in the Nature of the Earth for seeking the 21st Century’s music for last 20 years.He started the site called “Toshinori Kondo Recordings” which is the membership site for selling his music downloaded on Sep.11, 2014.Pray for the resonance of all the lives on this small planet.
It is the music downloading selling site of the membership system. For more details, click here.

TKrecodings こちらからもどうぞ↓ 
links

ぜひご視聴ください
↓BARTON RAGE Presents Realm II PARALLAX

↓Blow the Earth in Japan 2011
地球を吹く in Japan 2011〜震 動〜

↓Blow the Earth in Japan
地球を吹く in Japan 2009

↓ZONE ZERO
行方不明

↓Blow the Earth in Himalaya & Alaska
地球を吹く ヒマラヤ&アラスカ編

 ↓ご購入はコチラ Buy here↓
links

↓Blow the Earth in Andes part I
地球を吹く in Andes part I

↓Blow the Earth in Israel
地球を吹く in Israel

↓The War Fairy Tales 戦争童話集

↓Space Pilgrimage 宇宙巡礼

↓Emotion / 感情 Free Electro LIVE 2003

↓Deeply Dreamed 深く夢見て

↓ご購入はコチラ Buy here↓
links

Toshinori Kondo in Warszawa+Bydgoszcz

2016/12/8 Wed.  20:00 –
“SUPERSAM PLUS 1”
Toshinori Kondo + MAREK Chołoniewski
at MÓZG Warszawa

„SUPERSAM PLUS 1” to cykl wystąpień solowych oraz duetów odbywający się od września do do końca 2016 roku. Projekt koncentruje się głównie wokół muzyki, ale przewiduje też udział innych form wyrazu, takich jak: performance, multimedia, monodram. Podczas „SUPERSAM PLUS 1” prezentowani będą uznani artyści polscy i zagraniczni nastawieni na działania autorskie, eksperymentalne i innowacyjne.

„SUPER” w tytule oznacza, że program budowany będzie w oparciu o artystów uznanych – mistrzów, „SAM” mówi oczywiście o występie solowym, ale i o twórczym osamotnieniu.

„PLUS 1” w tytule oznacza, że podczas każdego z koncerów prezentowane będą dwa akty solowe. Wieczór wieńczyć będzie wspólny występ w duecie.

Każdy wieczór przewiduje udział jednego artysty warszawskiego. Projekt ma na celu prezentacje w odniesieniu do najciekawszych artystów lokalnych. Wszyscy artyści zaproszeni zostaną do przedstawienia dzieł premierowych, nigdy wcześniej nie wykonywanych. Idea duetów sama w sobie jest premierowa, gdyż artyści którzy występować będą ze sobą zrobią to po raz pierwszy, budując najnowsze z możliwych dzieło.

Pobyt każdego artysty planowany będzie w taki sposób aby miał możliwość spotkania się ze środowiskiem lokalnym i publicznością. Wspólne spotkania odbywać będą się w formie warsztatów. Dodatkową częścią projektu jest rejestracja wideo wszystkich działań oraz produkcja filmów dokumentalnych przybliżających postaci artystów oraz ich pracę warsztatową ze środowiskami lokalnymi.

TOSHINORI KONDŌ
(ur. 15 grudnia 1948 r.) – japoński trębacz jazzowy, tworzący głównie jazz awangardowy z dużą domieszką elektroniki. W 1978 przeprowadził się do Nowego Jorku gdzie zaczął występować z Billem Laswellem Johnem Zornem i Fredem Frithem. Rok później wydał swoje pierwsze nagranie i koncertował po Europie z Eugenem Chadbournem i współpracował z europejskimi muzykami, takimi jak Peter Brotzman. W połowie lat 80-ych zaczął skupiać się na swojej karierze, łącząc swoje awangardowe korzenie z muzyką elektroniczną. Poza pracami solowymi, Kondō współpracował z takimi artystami jak Derek Bailey, Herbie Hancock, Steve Lacy, DJ Krush czy polski zespół Levity (album Chopin Shuffle). Komponował też muzykę do japońskich produkcji filmowych.

MAREK CHOŁONIEWSKI
ur. 23.10.1953 roku w Krakowie, ukończył studia gry na organach (L. Werner), teorii muzyki i kompozycji (B.Schaeffer) oraz muzyki elektronicznej (J.Patkowski) w krakowskiej Akademii Muzycznej. W 1977 roku założył stowarzyszenie Muzyka Centrum, Pracuje od 1976, a od 2000 jest kierownikiem Studio Muzyki Elektroakustycznej Akademii Muzycznej w Krakowie. Pisze muzykę instrumentalną, elektroakustyczną, dla radia, filmu i TV, jest autorem instalacji dźwiękowych i wideo, projektów audiowizualnych, przestrzennych i sieciowych. Koncertuje, prowadzi kursy i wykłady w wielu krajach Europy, Azji, Ameryki Płn. i Płd.

————————————————————————————-

„SUPERSAM PLUS 1” is a series of solo performances and duos, which will take place over a period of time from September until the end of 2016. The project mainly focuses on music, however, it also includes other means of expression such as performance, multimedia or monodrama. „SUPERSAM PLUS 1” will present respected Polish and foreign artists whose work is original, experimental and innovative.

„SUPER” in the title means that the programme will be based on renowned artists – masters, „SAM” (from Polish, means „alone”, “by himself/herself”) refers to the solo performances as well as the creative loneliness. “PLUS 1” reflects the structure of each evening, which will contain two separate solo performances and a duo performance of both artists at the end. Each event involves the participation of one Warsaw based artist.

All invited artists will present their premiere works that have never been performed before. The duos will also be a type of premieres since the artists will be performing together for the first time and creating the newest possible pieces.

The stay of the artists will be planned in a way that will enable them to meet local artists and audience. Those meetings will take the form of workshops.

Video recording of all activities and production of documentary films constitute the additional part of the project, which aims at presenting the artists in a close-up and their co-operation with local residents during workshops.

TOSHINORI KONDŌ
(December 15, 1948) is an avant-garde jazz and jazz fusion trumpeter. Kondo attended Kyoto university in 1967. In 1978 he moved to New York, and began performing with Bill Laswell, John Zorn, Fred Frith, and Eraldo Bernocchi. A year later he released his first recording, toured Europe with Eugene Chadbourne, and collaborated with European musicians such as Peter Brotzman. In the mid-1980s he began focusing on his own career, blending his avant-garde origins with electronic music. In 2002, he worked on an international peace festival in Hiroshima after being approached by the Dalai Lama about organizing one. He is a former member of Praxis. He founded the band Kondo IMA in 1984. Kondo IMA achieved commercial success but moved to Amsterdam to be alone and to start “Blow the Earth” in 1993. They started „Blow the Earth in Japan” in the summer of 2007 and ended in the autumn of 2011. The film Blow the Earth in Japan is his first experience as a film director.

MAREK CHOŁONIEWSKI
born 1953, in Kraków, is a composer, sound artist, performer and teacher. He is the Head of the Electroacoustic Music Studios at the Academy of Music in Krakow, the Founder and President of Muzyka Centrum Art Society and Polish Society for Electroacoustic Music. Since 2011, he’s been the President of International Confederation of Electroacoustic Music and Director of Audio Art Festival in Krakow. He founded many groups and ensembles, among others: Freight Train, ch&k&k, dizzy kinetics. He received Honorable Award of the Polish Composers Union, Award of the Ministry of Culture and National Heritage, as well as the Independent Project grant of the CEC ArtsLink in New York.

ワルシャワのライブハウスが主催する音楽フェスティヴァルに近藤等則が参加。Super Sam +1 は、ワルシャワのアーティストとゲストアーティストが新しいものを生み出そうとする試みです。近藤等則のパートナーは、MAREK Chołoniewski さん。ポーランドのエレクトリック・ミュージックに多大な影響を与えています。
mozg.pl/supersam/en

【FREE】
2016/12/7 Thurs .21:00 –
at MÓZG Bydgoszcz

Szanowni Państwo, zapraszamy na koncert specjalny połączony z sesją nagraniową. W najbliższą środę zawita u nas legendarny japoński trębacz Toshinori Kondo, który współpracował z takimi artystami jak: Derek Bailey, John Zorn, Bill Laswell, Herbie Hancock, Steve Lacy, DJ Krush. Tym razem zaprosiliśmy go na specjalną otwartą, sesję nagraniową. Obok Kondo na scenie staną muzycy wokółmózgowi: Artur Maćkowiak, Łukasz Jędrzejczak, Mikołaj Zieliński, Sławek Janicki, Qba Janicki.

Zapraszamy Państwa serdecznie do bycia częścią tego wydarzenia. Wstęp jest bezpłatny. Z racji ograniczonej ilości miejsc prosimy zgłaszać swoją chęć udziału w wydarzeniu wysyłając maila: fundacja@mozg.art.pl

Toshinori Kondo
Artur Maćkowiak
Łukasz Jędrzejczak
Mikołaj Zieliński
Sławek Janicki
Qba Janicki
MÓZG Bydgoszcz

ライブハウスMÓZG のビドゴシュチ拠点。
(ビドゴシュチ、ワルシャワからポーランド鉄道で3時間くらい北の都市)
ライブハウスMÓZGのビドゴシュチ拠点で、ワルシャワのフェスの前夜祭が開催されます。入場無料の公開レコーディングです。
mozg.pl/bydgoszcz/toshinori-kondoartur-mackowiaklukasz-jedrzejczakmikolaj-zielinskislawek-janickiqba-janicki-koncert/

The Future of Electronic Improvised Music

The Future of Electronic Improvised Music
~電子即興音楽の未来〜二ヶ月連続東京公演

近藤等則 (Electronic Trumpet, Tracks )
いのちの根源である呼吸を電子化する
電子化された呼吸がいのちを即興する
即興こそいのちの現れだ

最新のギターシンセサイザーと、怜悧で知的な震えを生み出す新旧のエフェクターが、エレクトリックトランペットの響きを全く新しい音に変えました。11月は近藤等則の朋友であり日本最高峰のドラマー、山木秀夫さんとの邂逅です。

アムステルダムから帰国して3年、「地球を吹く」という前代未聞の生き方のひとつの解答として、この冬、皆さまにお届けいたします。ぜひお聴きのがしのないよう、ご来場を心よりお待ちしています!

<近藤等則からのメッセージ>

呼吸中枢は脳の一番古い脳幹にあります。すなわちいのちの大元が呼吸です。

息をしている事を意識する事は普通ありませんよね。そう、意識しない事にこそ命の本質があると言えるでしょう。即興演奏の真髄は意識しない事にあると思います。命の大元から発せられる即興が出来れば、と思い続けてきました。トランペットは呼吸楽器なのでなおさらです。
ただ、呼吸を「表現」する場合どうすればいいか。自然は春夏秋冬、山川草木、地水火風空と豊かに呼吸を表現しています。人間の場合、テクノロジーをどう生かすかだと思い、追究し続けてきました。

その結果、というより、新しい始まりのライブが今回の「電子即興音楽の未来」です。

山木秀夫が素晴らしいドラマーである事は言うまでもありません。ただ彼ほど呼吸とともにドラムスを表現しているドラマーは稀有だと思うのです。「息があう」とは日本人の感性を現した素晴らしい日本語だと思います。英語にこういう表現があるでしょうか。

11月22日のライブが「天の岩戸開き」になるかどうか??!!
皆さん、楽しみにしてお集まりください。  近藤等則

第一夜

2016年11月22日
会場:恵比寿 CreAto
ゲスト:山木秀夫
JR恵比寿 8分 JR渋谷 13分 東急代官山 9分
7:00pm 開場/7:30pm 開演
前売り4,000円/当日4,500円

恵比寿 CreAto
JR恵比寿 8分 JR渋谷 13分 東急代官山 9分
〒150-0011 東京都渋谷区東3丁目14-19 オークヒルズ B1F
TEL / FAX:03-6427-5273
E-Mail:ebisu@creato.bz

www.creato.bz/schedule/events/index.html?r=697

links

Toshinori Kondo Autumn Quarter 2016 Schedule 

2016年秋、近藤等則が愛媛県今治市→熊本県荒尾市→北九州市→福岡市→佐世保市→熊本市→佐賀市→東京を駆け抜けます!

◇◇瀬戸内しまなみ海道・国際サイクリング大会
サイクリングしまなみ2016 前夜祭◇◇

瀬戸内しまなみ海道で開催される、国際的サイクリング大会”サイクリングしまなみ”のプレイベントで近藤等則が演奏します。
演奏は10月29日(土)16:00から愛媛県今治市しまなみアースランドです。

<<瀬戸内しまなみ海道・国際サイクリング大会>>
サイクリングしまなみ2016
開催場所:瀬戸内しまなみ海道及びその周辺地域
開催日程:
平成28年10月29日(土)受付(今治市、尾道市)、イベント
平成28年10月30日(日)大会当日
コース:
瀬戸内しまなみ海道及びその周辺地域/約40km〜150kmの全5コース

サイクリングしまなみ
cycling-shimanami.jp/event/index.html

◇◇“D-K LIVE SYMPHONY OF VISON 2016”◇◇
◇10/30(日)◇
日没~21時
長谷川 章 (デジタル掛け軸ープロジェクションマッピング)
近藤 等則(エレクトリックトランペット)
場所:世界文化遺産 万田坑(熊本県荒尾市原万田200-2)
料金:無料
TEL:万田坑ステーション 0968-57-9155
HP: arao-kankou.jp/blog/4333/

■■Toshinori Kondo Tour 2016 in Kyusyu■■
■■″魂の共振″■■
近藤等則
(support musician:EIJI Shibata)

■10/31(月)■
小倉フューズ
開場19:30/開演20:00 
前売3,000円/当日3,500円(要1ドリンク)
福岡県北九州市小倉北区京町2-2-19
小倉ジャンジャンビルB1F
TEL:093-551-3510
MAIL:fuse@east-w.co.jp
HP: sv54.wadax.ne.jp/~east-w-co-jp/fuse/
チケット予約:
sv54.wadax.ne.jp/~east-w-co-jp/fuse/html/ticket.php?sid=1984

■11/1(火)■
Livehouse&Club PEACE
開場19:00/開演20:00 
前売2,500円/当日3,000円
福岡県福岡市中央区荒戸1丁目9-22
TEL:092-741-5405
HP: www.peace-livehouse.net/index.html

■11/2(水)■
新たな遊び場が佐世保にオープン!
CLUB TEATRO
OPEN:22:00
CHARGE:2,500円
長崎県佐世保市栄町3-15
TEL:090-7516-6895
sasebo2.com/open/19504

■11/3(木)■
NAVAROが新生しました!
熊本NAVARO
OPEN:19:30
CHARGE:2,500円
[新住所] 熊本県熊本市中央区南坪井町10-1ビル地下
[TEL] 096-352-1200
[MAIL] kumamoto.navaro.contact@gmail.com

■11/5(土)■
RockRide
OPEN 19:30 / START 20:00
前売¥2,500 / 当日¥ 3,000 (+1DrinkOrder)
ローソンチケットコード: 85154
佐賀県佐賀市呉服元町2-4
TEL:0952-26-2687
Mail:ta_music_rag_g@yahoo.co.jp
HP:http://ameblo.jp/t-a-music/entry-12186230293.html

そして川崎にもどって秋の締めくくり!

◇11/22(火)◇
恵比寿CreAto(クレアート)
ゲスト:山木秀夫
7:00pm 開場/7:30pm 開演
前売り4,000円/当日4,500円
東京都渋谷区東3丁目14-19 オークヒルズ

年の瀬はこちら!

◇12/27(火)◇
会場:六本木 Varit
ゲスト:DJ Sahib aka Yama、EIJI
7:00pm 開場/7:30pm 開演
前売り4,000円/当日4,500円

エレクトリックの機材を一新し新たな境地のサウンドが冴えわたります。
ご来場をお待ちしています! 年末もどうぞお楽しみに!

大自然の中でトランペット即興・近藤等則 来年から新シリーズ 道内皮切り

2016年10月7日 北海道新聞

10月7日の北海道新聞で近藤等則のインタビューが掲載になりました。

大自然の中でトランペット即興・近藤等則
来年から新シリーズ 道内皮切り
「地球を吹く」聴衆とともに
2016年10月7日 北海道新聞

近藤等則の「地球を吹く」プロジェクトがいよいよリスナーの方々の前に姿を現します。

“D-K LIVE Symphony of Vison 2016” OCT.30 2016 AT MANDAKOU

2016年10月30日(日)日没~21時
長谷川 章 (デジタル掛け軸ープロジェクションマッピング)
近藤 等則(エレクトリックトランペット)
at 世界文化遺産 万田坑(熊本県荒尾市原万田200-2)

世界的デジタルアーティストである長谷川章氏による色彩のアート。世界文化遺産である万田坑に映し出される不思議で幻想的な映像が特別な空間を生み出します。

【万田坑DK Live】
期日:2016年10月28.29.30日
30日には近藤等則によるライブも予定されています。
時間:日没~21時
場所:万田坑(熊本県荒尾市原万田200-2)
料金:無料

-お問い合わせ-
万田坑ステーション 0968-57-9155
arao-kankou.jp/blog/4333/

D-K LIVE SYMPHONY OF VISON 2016

長谷川 章   AKIRA HASEGAWA  ….aha
東洋人の持つ無常の精神から D ー K (デジタル掛け軸)を発明した。 人間という生物のリズムを取り戻す新しいアートカテゴリーである D-K LIVE を世界各地でインスタレーションしている。日本民間放送連盟 TVCM 部門最優秀賞をはじめ ACC 賞等数々の賞を受賞。 大河ドラマ「( CCTV )のロゴや tvcm などを数千本制作。
dk.popculture.jp/profile_j.html

万田坑
2015年7月世界文化遺産登録。
三池炭鉱の中心的存在が、明治の頃の技術の粋を集めて建造された日本最大規模の2つの竪坑を持つ「万田坑」でした。炭鉱が閉山となったのち、万田坑は、日本の近代化を支えた場所の一つとして国の重要文化財と史跡に指定され、現存する施設や機械は今も大切に保存されています。また、この万田坑をはじめとした、日本の近代化になくてはならなかった近代産業遺産が荒尾市や大牟田市には数多く残り、『九州・山口の近代化産業遺産群』として、ユネスコ世界遺産暫定リストに登録、2015年7月に「明治日本の産業革命遺産 製鉄・製鋼、造船、石炭産業」として世界遺産への登録されることとなりました。
arao-kankou.jp/sightseeing/history/mandacoalmine.html

Toshirnoi Kondo 2016 Sep.LIVE SCHEDULE

近藤等則ライブ 
●9/15(木)札幌くう
open 19:30 / start 20:00
前売3,500円(当日4,000円)別途飲物代500円必要
札幌市中央区南1西20(南大通沿北向)アウルビルB1
TEL 011-218-1656 www.sapporo-coo.com/
くうwebサイト予約 / 電話予約 : 011-218-1656
大丸プレイガイド / ローソンチケット L-13138 / e+

近藤等則ライブ 
●9/16(金)札幌PROVO
open 19:00 / start 20:00
前売3,000円(当日3,500円)ドリンク代別途
opening act
: Keisuke Uemura<宇宙文明>、Monday Masaru<olololop twins>
札幌市中央区南6東1-2 KIビル3F
TEL 011-211-4821 provo.jp/
shop@provo.jp PROVO TEL 011-211-4821

近藤等則ライブ 
●9/22(木・祝)京都烏丸ロック&ブルースバーGear
Open 19:00 / Start 19:30
4000円 + 1 Drink
京都市下京区烏丸通仏光寺西入釘隠町242
TEL 075-201-3622
bar-gear.biz/info.html

近藤等則ライブ 
●9/29(木)
民音音楽博物館 文化講演会「ビ-トルズ来日50周年を振り返って」
19:00~
□ 出演者
ナビゲーター:立川 直樹、星加 ルミ子
ゲストアーチスト:(トランペット演奏)近藤 等則
主催:民音音楽博物館
お問い合わせ:民音音楽博物館03-5362-3555(平日9:00~17:00)
※観覧者募集概要
料金:無料
応募方法:往復ハガキに、住所・氏名・電話番号・希望人数(1通につき2名まで)を必ず明記の上、下記の宛先までお申し込みください。
宛先:〒160-8588 東京都新宿区信濃町8番地MIN-ON「ビ-トルズ来日50周年を振り返って」事務局
募集締切:2016年9月15日(必着)
会場:民音ミュージアムホール(民音音楽博物館内)
住所:東京都新宿区信濃町8番地
popscene.jp/foundit/034023.html

近藤等則ライブ 
●10/2(日)
SuperDeluxe SuperSessions
Time : Open 17:30 / Start 18:00
ブロッツマン+近藤+豊住 + ターナー+八木 &モア!
料金 前売 3500円 / 当日 4000円(ドリンク別)
出演:
ペーター・ブロッツマン + 近藤等則 + 豊住芳三郎 TRIO
ロジャー・ターナー + 八木美知依 DUO
&モア!!
www.super-deluxe.com/room/4178/

近藤等則(Electric trumpeter) × 黒田征太郎

<無料ライブ>
近藤等則(Electric trumpeter) × 黒田征太郎 
世界的に有名なElectric trumpeterとライブペインティングでご活躍の黒田征太郎さんによる2大競演!!

いよいよ黒田さんとのライブが近づいてきた。
黒田さんとのライブはもう30年程もやっているだろうか。日本のみならず、New York,London,Berlin等海外でもやってきた。世界でもこんなに長くやってるライブペインティング・ライブミュージックのコンビはいないだろう。誰かギネスに載せてくれ。笑

8月15日終戦の日に、野坂昭如さんの「戦争童話集」をテーマに黒田さんとやれるのは俺にとってはデイープな作業なのだ。
みんな、生きてるかい??!! 近藤等則
———————————————–
2016/08/15(月), 15:00~
大阪・心斎橋、アメリカ村 ビッグステップ内・大階段にて

心斎橋BIGSTEP
大阪市中央区西心斎橋1-6-14, TEL:06-6258-5000(代)
         

【関連イベント】
(1)野坂昭如 戦争童話集 原画展
 7/30(土)〜8/31(水), 11:00〜20:00, BIGSTEP B2F 階段裏 KAKIBA

(2)『野坂昭如 戦争童話集~忘れてはイケナイ物語り~』
8/6(土)~9/2(金), シアターセブンにて上映
原作:野坂昭如, 絵:黒田征太郎, 音:近藤等則
映像:佐藤輝, 脚本:仲畑貴志, 脚本:日暮真三
アート・ディレクション:長友啓典
 淀川文化創造館シアターセブン
 大阪市淀川区十三本町1-7-27 サンポードシティ5階
 TEL&FAX:06-4862-7733

「夢宙-Dream Space」


「夢宙-Dream Space」
このアルバムを2011年に亡くなった両親、治樹とサナミに捧げる。
This album is dedicated to my parents,Haruki & Sanami,departed in 2011.
Toshinori Kondo ( Electric Trumpet & Tracks)
All songs are performed & composed by Toshinori Kondo
Recorded at Kondo Soundbody Lab.Studio in 2012 ~ 2016