トランペッター、近藤等則インタビュー ―50年の集大成として動き出した「IMA21」―

いまなお加速する壮大なスケールの原点といま
トランペッター、近藤等則インタビュー ―50年の集大成として動き出した「IMA21」―

PHILE WEB(ファイル・ウェブ)2019年2月14日
和久井光司

■再び観客の前に「戻ってきた」重要トランペッター

近藤等則が熱い。70歳になったいま、彼はかつてないほどに燃え盛っているのだ。

2018年には何と12枚のアルバムを自身のレーベルからリリース。中でも注目は、1983年から93年まで活動したバンド、IMAを25年ぶりに再結成してのニュー・アルバム『Space Children』。そして2月18日に始まる「近藤等則・IMA21」としてのツアー(東京・大阪・京都・名古屋)である。

富樫春生(シンセサイザー)、酒井泰造(ギター)、山木秀夫(ドラムス)、カクエイ(パーカッション)から成る「IMA21」は、フリー・ジャズとパンク・ロックやファンク、そしてヒップホップを融合させて“国際レベルの最先端”をひた走ったIMAの進化系だ。25年という空白を感じさせないグルーヴと、ジャンルを超えた宇宙規模の音空間。メッセージ性の高い歌詞が強い印象を残す近藤のボーカルも、自由度の高いトランペットと並ぶ魅力になっている。

76年に参加した山下洋輔の『JAM RICE RELAXIN’』がデビュー盤となった近藤は、79年にニューヨークに渡り、ビル・ラズウェルらとの活動で世界的なミュージシャンとなった。帰国後の83年にIMAの前身となるTibeyan Blue Air Liquid Bandをスタートさせてからの八面六臂の活躍は多くの読者が記憶していることだろう。

ところが近藤は93年にアムステルダムに活動の拠点を移し、日本では大自然の中でエレクトリック・トランぺットの即興を繰り広げる『地球を吹く』のシリーズが主だった活動になった。テレビのドキュメンタリーや映画にもなったそれはこの人のスケールの大きさを物語る仕事だったが、観客を相手にしたものではなく、何度かのライブもあったものの、今回の新作やツアーほど “復活” をイメージさせるものはなかったのだ。

登戸のプライベート・スタジオで、まずはその辺りの事情を語ってもらった。もっと読む

季刊・アナログ 2019 SPRING vol.63 2019年3月15日発売
和久井光司さんによる近藤等則のスペシャル・インタビューが掲載されました。

3か月前