03w4s

映画「地球を吹く in Japan」

 「地球を吹く」とは、地球の発するバイブレーション・インスピレーションと共振・共鳴すべく、大自然の中でエレクトリック・トランペットを即興演奏する行為です。

 日本列島の自然の中で即興演奏する旅は、2007年夏から2011年秋まで続き、2013年4月、映画「地球を吹くin Japan」が完成しました。

 この映画は日本の自然が主人公であり、四季の移り変わりという自然が書いたシナリオにもとづいています。セリフもナレーションもほとんどありません。東日本大震災の直後、2011年5月、近藤は岩手県吉里吉里海岸を訪れ、被災地と東北の春を体感する中で即興演奏を行いました。日本列島の自然の映像と近藤の演奏・自然の音だけで、映画は淡々と進行していきます。2011年10月、秋を感じようと北海道の自然をさまよっていたところ、屈斜路湖でいのちの大本である静寂が満ち満ちて響いているような光景に出合いました。ここでの演奏が映画のラストシーンになりました。

 都市という人工空間の中で、人間同士のコミュニケーションだけのために演奏されるようになった20世紀の音楽を、すべてのいのちとつながり、いのちの大本である地球の自然と共振共鳴する音楽へと解放しようとする試みが「地球を吹く」です。

 世界の大自然の中で即興演奏を行ってきた近藤は、日本列島の四季の自然のきめの細やかさ、優しさ、豊かさ、そして四季の移ろいの美しさを、かけがえのないものと言います。縄文時代以来、日本列島に住む人達はこの自然に育まれて生活を営み、生活観、死生観、美意識、文化、すべてはこの自然をベースに生まれたのです。

 深呼吸して体の力を抜いて、意識と体のより深いところでこの映画を感じてください。上映情報は本サイトで告知していきます。ぜひ多くの方にご覧いただけますよう、願っています。

  • タイトル:『地球を吹く in Japan』
  • 発表:2013年11月
  • プロデューサー・監督・演奏・作曲:近藤 等則
  • 出演:近藤 等則、青木 宏之、星野 尚文、羽黒山伏の皆さん、田尻盛永 祇園神社宮司
  • 制作スタッフ:知久 健、中里 介三、近藤 空太、三橋 玄、鈴木 絢太郎、郷右近 丸彦、田中 こずえ、片岡 理恵
  • 編集:近藤空太
  • 上映時間:85分
  • ロケ地:出羽三山(山形県)、来島海峡(愛媛県)、阿蘇(熊本県)、富士山・本栖湖(山梨県)、吉里吉里海岸、一本桜(岩手県)、奥入瀬渓流(青森県)、四万十川、棚田、足摺岬(高知県)、石鎚山(愛媛県)、摩周湖、屈斜路湖(北海道)
  • 製作:「地球を吹く in Japan」製作実行委員会
  • 協賛・協力:NorthFace他