近藤等則 IMA21 宇宙と交信する魂

らっこ・ライブ・レビュー
近藤等則 IMA21 宇宙と交信する魂―

毎日新聞 2019年3月2日 東京夕刊 会員限定有料記事
川崎 浩

1977年だったか。昨年秋閉店した渋谷のジャズ喫茶「メアリージェーン」でギターのデレク・ベイリーとベース吉沢元治、トランペット近藤等則のライブが行われた。近藤は、目の前のアルミ灰皿をミュートにして吸い殻をまき散らしながら吹きまくり、異次元のサウンドを聴かせた。“イカレ”た“危ない”ヤツが現れた!と震えがきた。あれから40年。70歳の近藤は、衰えを知るどころか、さらにキレを増して、我々の前に立っていた。それも、80年代に世の度肝を抜いたバンド「IMA」を21世紀版に進化復活させて。

近藤は、単にフリージャズのトランぺッターではない。森羅万象のシステムとともに呼吸するアーティストで… もっと読む

毎日新聞 2019年3月2日
らっこ・ライブ・レビュー
近藤等則 IMA21 宇宙と交信する魂―
5か月前