14/10/2018 Toshinori Kondo,Roger Turner Duo at Super deluxe

2018年10月14日 (日)
スーパー・デラックス
近藤等則/ロジャー・ターナー DUO

開場 18:30 / 開演 19:00
料金 予約3000円 / 当日3500円(ドリンク別)

出演:
近藤等則(trumpet, electronics)
ロジャー・ターナー(drums and percussion)

スーパー・デラックス
東京都港区西麻布3-1-25 B1F
tel 03-5412-0515

近藤等則(trumpet, electronics)
地球規模で活動するエレクトリック・トランペッター。デレク・ベイリー、ビル・ラズウェル、DJ KRUSH等、国内外の個性的なミュージシャン達との共演歴は膨大。1984年IMAバンドを日本で結成し、世界各地でライブを敢行。1993年、アムステルダムに活動拠点を移す。1993年、イスラエル ネゲブ砂漠から大自然の中で即興演奏する「地球を吹く」を開始。

ロジャー・ターナー (drumset and percussion)
パーカッショニスト/ドラマーとして1970年代初頭から英国を拠点に活動。デレク・ベイリーのインカスレーベルに初期の録音を残し、1980年頃には、近藤等則、ジョン・ラッセルとのトリオによる『Artless Sky』 を自主リリース。以後はソロ、実験的ロックミュージシャンやフリースタイルの歌手との共演、前衛ダンス、映画や現代芸術家らとの創作活動に参加する等、精力的に活動。またワークショップやジャズ音楽ベースのアンサンブルにも多数参加している。共演者の名を挙げたら枚挙に遑がないが、アーネット・ピーコック、ティム・ホジキンソン(元ヘンリー・カウ)、アラン・シルヴァ、セシル・テイラー、スティーヴ・ベレスフォード、フィル・ミントン、イ・オッキョン、が挙げられる。2013年の来日に際し、原美術館にて大友良英とも共演し、鮮烈かつ鋭角的なパーカッション演奏を見せた。「ターナーの先鋭的で斬新な演奏は圧巻である。炸裂するパワーと繊細で情緒豊かな音が絶妙に絡み合う音楽は正に類い稀だと いえよう」(ワイヤー 1986年)
Roger Turner Official site

3週間前