APL.22 2015 on SALE! Toshinori Kondo plays Standards “You don’t Know What Love Is”

140422release

サマータイム、枯葉、ラウンド・アバウト・ミッドナイト、マイ・ファニー・ヴァレンタイン、ブルーモンク、この素晴しき世界…6年ぶりの新作は、誰もが知っている名曲を “女の子の耳元でささよくように” 、エレクトロニック・トランペットを吹いた、キャリア初の全曲スタンダード集。異次元の扉を開ける近未来ジャズ!

・数えきれないほどカバーされているガーシュインの「サマータイム」をこれほどロマンティックで官能美にあふれたものにしたミュージシャンはかつていただろうか。 立川直樹(解説より)
・ウォーホルのモンローを初めて見たときと同じくらいのインパクト。 森永博志(解説より)

1993年11月、東京での活動を突然打ち切り、一人アムステルダムに住み始めた。21世紀の音楽を模索したくなったのだ。Nature×Spirit×Technologyの三位一体が次の音楽を産むのでは、と思った。地球の大自然の中で吹く「地球を吹く」を始め、エレクトリックトランペットの開発にいそしんだ。打ち込み音楽も追究した。10年が経ち、世界の大自然の中で吹く「地球を吹く」が一段落した頃、「スタンダードをエレキラッパで吹いたらどうなるんだろう」と閃いた。試しにライブで吹いてみたら、ニューヨークの黒人の友人が”It’s Space Standard !”と煽ててくれた。すぐ煽てに乗る俺は、ムーデイなトラックを作るイタリア人のエラルド・ベルノッチをアムステルダムに呼び、学校の教室よりも広い俺の部屋で録音した。2003年1月だった。アムステルダムの雰囲気・空気感が俺のトランペットに乗り移ったんだろうか。女の子の耳元でささやくようなプレイになった。呼吸こそ異次元への扉。スタンダード・メロディーが未来へと誘う。
近藤等則

【収録曲】

01) Summertime サマータイム
[DuBose Heyward/George Gershwin] 5:30

02) The Girl From Ipanema イパネマの娘
[Norman Gimbel / Vinicius de Moraes/Antonio Carlos Jobim] 4:25

03) Autumn Leaves 枯葉
[Jacques Prevert/Joseph Kosma] 5:34

04) You don’t Know What Love Is あなたは恋を知らない
[Gene Depau/Don Raye] 5:08

05) In A Sentimental Mood イン・ア・センチメンタル・ムード
[Duke Ellington] 5:50

06) Misty ミスティ
[Erroll Garner]5:30

07) Blue Monk ブルーモンク
[Thelonious Monk] 5:24

08) My Funny Valentine マイ・ファニー・ヴァレンタイン
[Lorenz Hart/Richard Rodgers] 5:28

09) Round About Midnight ラウンド・アバウト・ミッドナイト
[Thelonious Monk /Cootie Williams] 4:28

10) What A Wonderful World この素晴らしき世界
[George David Weiss/G.Douglass] 5:10

【ミュージシャン】
Toshinori Kondo ( Electric Trumpet )
Eraldo Bernocchi ( Electric Guitar,Tracks except #8 )
Channel K ( Tracks #8 )

plankton_logo tower DISKUNION amazon

【ハイレゾ配信】

e-onkyo music

ototoy

mora

HD-music

近藤等則の最新ライブ演奏を公開!
2015年4月19日、ピーター・バラカンさんがDJをつとめる「バラカン・ビート」­に近藤等則が出演、ライブ演奏をしたときの音源です。
キャリア初のスタンダード集“~Toishinori Kondo plays Standards~あなたは恋を知らない”にちなんで、最新アレンジのSummer­Time Ver.2015、タイトルのないできたてほやほや新曲を演奏しました。

近藤等則ライヴ
“~Toishinori Kondo plays Standards~あなたは恋を知らない”

IMAバンド以来、20年ぶりにクラブクアトロのステージに立つ近藤。このライヴは2部構成となっており、1stセットは、近藤のエレクトリック・トランペットと盟友、山木秀夫のドラムで、新作アルバムに収録したスタンダード・ナンバーを演奏。全曲、今回のライヴのためにアレンジを一新し、アルバム・ヴァージョンとは異なった最新のトラックになっているとのこと。そして、2ndセットは、SUGIZO(g)が加わって、全曲出来立て新曲を披露! 誰も聴いた事がない、最新の近藤サウンドを聴かせてくれるでしょう。

2015年6月29日(月)18:30開場/19:30開演
渋谷クラブクアトロ
出演:近藤等則(El-tp)、山木秀夫(Dr)、SUGIZO(G)

前売¥5,000/当日¥5,500(税込・整理番号順入場・1ドリンク代¥500別)
セット券:《CD+チケット》=¥7,500(¥8,024のところ)
※取り扱い:プランクトンのみ

【セット券の販売は終了しました】

●プランクトンチケット予約
TEL:03-3498-2881(平日11~19時)
www.plankton.co.jp/kondo/index.html

● 一般チケット
チケットぴあ、e+、ローソンチケット、渋谷クラブクアトロ店頭

March 12 to , March 15, 2015 Rimpa School 400th Anniversary | Projection Mapping

風神・雷神が21世紀に蘇る! 京都国立博物館での琳派400年記念プロジェクションマッピング「21世紀の風神・雷神伝説」にて、メディアアーティスト土佐尚子先生の作品に近藤等則とアキーラサンライズさんが音楽で参加しています。

琳派400年記念プロジェクションマッピング
「21世紀の風神・雷神伝説」
日程:2015年3月12日(木)〜15日(日) 18:30〜20:30
※1回25分、休憩を挟んで3回上映
場所:京都国立博物館 明治古都館と平成記念館で同時上映
住所:京都府京都市東山区茶屋町527

※事前申込が必要です。
※定員に達し次第、申込終了となります

琳派400年記念プロジェクションマッピング

www.fashion-press.net/news/15339

ENGLISH

21st Century Legend of Wind God & Thunder God – Glimpse of the future of Rinpa at Shichijo night, 4 days only –
Date:Thursday, March 12 to Sunday, March 15, 2015 18:30 – 20:30
Place:Kyoto National MuseumAdmissionFree (R.S.V.P. Required at the below url)
How to apply:Register Here
Organizer:Rimpa 400 Anniversary Projection Mapping Committee Chair Prof. Makoto Nagao (Kyoto University former President))
Co-organised:Kyoto Prefecture, Kyoto National Museum
Music:Toshinori Kondo, AKI-RA sunrise

FEB.25 2015 テレビ東京 水曜ミステリー9にテーマ曲で参加

2015年2月25日(水)テレビ東京の水曜ミステリーで、今野敏原作「廉恥 警視庁強行犯 樋口 顕」に近藤等則がテーマ曲で参加することになりました! 今野敏さんとは「隠蔽捜査」以来のご縁です。

テレビ東京 水曜ミステリー9
今野敏サスペンス「廉恥 警視庁強行犯 樋口 顕」

【原作】今野 敏 「廉恥 警視庁強行犯係・樋口顕」(幻冬舎 刊)
【脚本】窪田信介
【監督】松原信吾
【キャスト】
樋口 顕  ・・・  内藤剛志
小泉蘭子  ・・・  釈 由美子
樋口恵子  ・・・  川上麻衣子
石田真奈美  ・・・  江口のりこ
樋口照美  ・・・  逢沢りな
楢崎公平  ・・・  宮川一朗太
南田麻里  ・・・  三津谷葉子
柳本行雄  ・・・  小林 健
樫田 臨  ・・・  湯江健幸
木田亮太  ・・・  河合龍之介
ユカリ  ・・・  岸 明日香
植村浩二  ・・・  小木茂光
天童隆一  ・・・  榎木孝明
氏家 譲  ・・・  佐野史郎

www.tv-tokyo.co.jp/mystery9/index_n01.html

“Creatures” FEB.7 2015 ON SALE

フランスで絶大な人気を誇るエレクトロニカ鬼才、Roneの4thアルバム「CREATURES」に近藤等則が参加。「日本の山の中での演奏をインターネットで聴いて、素晴らしいと思って連絡した」そうです。

『Spanish Breakfast』(2009年)と『Tohu Bohu』(2012年)で、フレンチ・エレクトロニカ・シーンにおける鬼才としての地位を確立したRoneことErwan Castexが、4作目となる待望のフル・アルバムをリリース!フランスの国民的歌手、Etienne Dahoにリミックスを提供し、USインディー・エレクトロニクス名門〈Ghostly International〉看板アーティストの一人、Com Truiseとツアーを共にするなど、さらなるキャリアの飛躍を成し遂げたRoneが、2015年新たにエレクトロニカ・シーンを震撼させる作品を完成させた。数々の著名アーティストが参加している本作、「Elle(M-3)」ではUSインディー・ロック大御所The NationalのBryce Dessnerがギターで参加、アナログにはこのトラックのエクスパンデッド・バージョンである「Mortelle (M-3)」が収録されており、先述したフレンチ・ポップのレジェンドEtienne Dahoのボーカルも加えられている。「Calice Texas (M-9)」では中東アヴァン電子作家のBachar Mar-Khalifeがボーカルとアレンジを担当し、「Freaks (M-10)」では坂本龍一、友川カズキ、灰野敬二らをゲストに迎えて話題となった『序破急』の鬼才チェリスト、Gaspar Clausがシャープなチェロを聴かせ、「Sir Orfeo (M-6)」ではヴォーカルにアコースティック・エレクトロニカの才女Sea Olennaが、「Acid Reflux (M-2)」ではトランペットに日本が誇る前衛ジャズ・トランぺッター近藤等則が参加。「Roads (M-8)」ではアメリカ・ツアーの間に録音したサンプルを用いており、「Quitter la Ville (M-11)」 (Leaving the Cityの意)ではUK名門〈Domino〉からのリリースで知られるシンセポップ・グループFrancois & The Atlas MountainsのリーダーFrancois Marryが参加している。 DIS

Rone is back with the anticipated new album ‘Creatures’, scheduled for release February 9th 2015 on InFiné.
The album features Bryce Dessner of The National, Francois & the Atlas Mountains, Etienne Daho, Bachar Mar Khalifé, Sea Olenna, Toshinori Kondo, Gaspar Claus.
www.infine-music.com/news/351/listen-to-ouija-a-new-track-from-rone