MAR.29 2015 Kondo play in SPRING LOVE with Yama a.k.a. sahib

3月29日、代々木公園で開催されるフリーパーティー「春風」に近藤等則がYama a.k.a. sahib さんと出演します。ライブ、アート、トークと盛りだくさんのイベントです。野外で演奏するのは本当に久しぶりです。「地球を吹く」プロジェクトで培ったスケールの大きい近藤等則のサウンドの一端をぜひ目撃してください。観覧は無料です。

SPRINGLOVE 春風2015

◾開催日時:
2015年3月28日(土)12:00~20:00
2015年3月29日(日)10:00~20:00
◾会場:代々木公園野外ステージ周辺 *雨天決行
◾入場料:FREE+カンパ
◾主催:SPRING LOVE 実行委員会

harukaze.asia/2015/

MAR.3 2015 on Sale! “Blow the Earth in Andes part I ”

Andes is the place where people live in the highest land of the world.
Andes is the place where people live with Nature pray to Nature.
Andes white snow chain mountains, clear air streams.
From Negev desert to Andes mountain.
From the navel of the Earth to the spain of South America.

links

I went toward to the sacred festival of Koyorlite with NHKTV crew.
More than 30000 Indios gather by foot from a few hundred
km’s away.The basin no one usually lives except one church is filled
by so many tents.
They play music with keena,drums , brass Instruments and dance for three days and nights.Hundreds of the village bands play by their own way.But only one song called Wair means Wind.
Kaos of sounds is resonate in the basin.Like in the belly of mother.
I started to play electric trumpet in the festival.Indios made the circle to listen to my playing.The flying spirit from Negev desert vibrates with the energy of Koyorlite.
Time becomes Space.Space becomes resonate.Resonance ascends to nowhere.
Just play,just dance with the eternal feeling of Andes .

Mt.Ausangate looks down the festival.Indios pray for Jesus and Mt.Ausangate.She is the holly mountain for them.She is covered by shiny glacier.I wanted to clime to the glacier with TV crew.
We came here without training period for fitting to thin air.I played to Mt.Ausangate with pocket trumpet on 5000m high.Give me more oxision!
Glacier was huge.I improvise in glacier with glacier.
“Why am I here? Because of past life’s karma or sacrifice for next life??
How resonant each other, microcosmos and macrocosmos?”
It is how foolish to play on 5400m high.

I met one guy who plays keena made by human bone.

On the way to Koyorlite we slept one night in the primary school on 4200m high.When we woke up the students were studying with sitting down on the glass.I wanted to play for them and with them.What a soft and sublime vib. Andes has ! Cibinakocha connects to spiritual sky.

We came back to Lima after more than 2 weeks’ wondering on 4000m high.
The city was full of artificial noise.I played 2 songs on the roof of an old building in the market.
Next is Machupichu ………。The 2nd version of Blow the Earth in Andes will be in Machupichu,Qutinbo and Chichikaka Lake.

“Blow the Earth in Andes” was telecasted on NHK BS in 1994.
I thank to NHK,Documentary Japan and Andes folks.

Blow the Earth in Andes part I

1.A Song in the restaurant at Chankai coast
2.El condor pasa
3.To Mt.Ausangate on 5000m high
4.Talk 1
5.With the Glacier on Mt.Ausangate
6.Talk 2
7.Looking down upon Koyorlite Festival
8.Improvisation in the night of Koyorlite Festival
9.Improvisation in the mourning of Koyorlite Festival
10.With Kena made by human bone on the hill of Cusco
11.For the children on 4200m high at Cibinacocha
12.Full Moon in Lima

recorded in Andes mountain and Lima on May to June 1994
recorded by Yuji Mori

“Blow the Earth in Andes” was telecasted on NHK BS in 1994

Total time 57:43

MAR.3 2015 on Sale! “Blow the Earth in Andes part I ”

人が世界で一番高地に暮らすアンデス
人が自然を崇め自然と共に暮らすアンデス
雄大な雪峰が連なる、清冽な大気が流れるアンデス
ネゲブ砂漠からアンデスへ
地球の臍から南米大陸の背骨へ

links

インデイオの聖なる祭りコヨルリテを目指した。
普段はキリスト教会しかない標高4000mの盆地に、3万人もの
インデイオが何百Km離れたところから歩いてやってくる。
何千ものテントで盆地が埋まる。
ケーナと太鼓とブラスで何百ものグループが勝手に演奏し、躍る。
しかし、演奏するのは一曲だけ。ワイラ(風)という曲をひたすら繰り返す。それが三日三晩続く。
盆地が壮大なカオスを響かせる。まるで母親の胎内にいるようだ。
その真っ只中でエレキラッパを吹く。混沌の中にいるようだ。
インデイオが輪になって聴いてくれ始める。アンデスの大地に包まれて即興する。ネゲブ砂漠から飛び立った飛行体がコヨルリテの聖なる
エネルギーと共に飛翔する。
時が空になる。空が響く。響きが昇天する。
ただ吹くだけ、ただ躍るだけ。

盆地を見下ろすように、標高6500mの霊峰アウサンガテがそびえていた。氷河が光って見える。そこまで登りたくなった。
ポケットトランペットを持って、撮影の南さん、録音の森さん、デレクターの牧さんと氷河を目指す。息が苦しい。高地トレーニングなしでここまで来ているのだから、苦しいのが当たり前。
「なんで俺ここまで来てるんだろう。前世の祟りか、後生への懺悔か。それともミクロコスモスとマクロコスモスの共鳴をアンデスで体感したいからか」など余計な事を思いながら、氷河に近づいた。
コヨルリテの祭りはキリスト教と霊峰アウサンガテへの祈りがミックスされている。
アウサンガテに向かって吹く。そして氷河で。氷河の壁にラッパを擦り付ける。氷河の溶けた小さな水の流れにラッパをつっこむ。ただ自然と呼吸しあう、5400mの高地で。
「馬鹿は死ななきゃ治らない。死んでも治らぬ馬鹿がいる」と唸る広澤虎造の声が聞こえてきそうになる。やってみなきゃあ気が済まないんだから、始末におえない「地球を吹く」

クスコで人間の大腿骨で作ったケーナ吹きに出会う。

コヨルリテにくる途中、標高4200mにある小学校に一泊させてもらった。翌朝、外に出ると子供達が草の上で勉強していた。俺達が教室に寝ていたので、外で授業していたのだ。雲が近くにたなびく天空の下での青空授業。子供達に演奏したくなった。子供達と歌いたくなった。シビナコチャの天空の下で。
どこまで懐の深いアンデス。

二週間以上4000mあたりを彷徨ったのち、リマに降りた。
都市の喧騒が唸りをあげている。

1994年5月下旬から6月中旬にかけて吹いて廻ったアンデスの音記録を21年ぶりに聴きなおし編集する作業は、想像を超えていた。
「音楽なんて糞くらえ、音そのものでいいじゃないか。編集なんて糞くらえ、演ったままでいいじゃないか」と、アンデスの音が俺に主張するのだ。結果、マチュピチュ、クテインボ、チチカカ湖での演奏は、パート2で発表する事になりました。
地球を吹くin Andes」は、1994年NHKBSで放映されました。
NHK、ドキュメンタリージャパン、現地の人々、本当にありがとうございました。

Blow the Earth in Andes part I
地球を吹く in Andes part I

1.A Song in the restaurant at Chankai coast
2.El condor pasa
3.To Mt.Ausangate on 5000m high
4.Talk 1
5.With the Glacier on Mt.Ausangate
6.Talk 2
7.Looking down upon Koyorlite Festival
8.Improvisation in the night of Koyorlite Festival
9.Improvisation in the mourning of Koyorlite Festival
10.With Kena made by human bone on the hill of Cusco
11.For the children on 4200m high at Cibinacocha
12.Full Moon in Lima

recorded in Andes mountain and Lima on May to June 1994
recorded by Yuji Mori

“Blow the Earth in Andes” was telecasted on NHK BS in 1994

Total time 57:43