FEB.24 2016 ON SALE! “BARTON RAGE Presents Realm II PARALLAX”

TKRecordingsでのダウンロードはこちらをクリック!

去年の11月だったか、FBに見ず知らずのミュージシャンからメッセージが届いた。自分のレーベルを始めて、一枚目はBill Laswellと制作したが、二枚目を俺と作りたいと言う。彼の作ったトラックが7曲wetranceferで送られて来た。想像力を刺激するトラックだった。
数回聴いてトラックに馴染んで、各曲にふさわしいエレキラッパのセッテイングを探りつつ吹いた。それをネットで送り、ミックスのやり方等数回やりとりした。今年の初めに完成した。ネットで頼まれて今まで何曲か吹いたが、フルアルバムを作ったのはこれが初めて。
バーチャルな出会いが21世紀の音楽を生み出して行くのかもしれない。Barton Rageとは3月5日、ワルシャワのショパン空港で初めて出会う。

近藤等則

近藤等則はマイルス・ディヴィスの次世代のミュージシャンと言われている。彼の音楽家としての挑戦はトランペットを異なる次元へと導いた。単一の音のはずのトランペットがオーケストラのサウンドのような響きを持ち、自然の中で演奏するという「地球を吹く‐Blow the Earth」シリーズがそれを証明している。彼は、21世紀の音楽を作る新世代のミュージシャンの時代がやっときた、と言った最初のミュージシャンだ。過去の世紀に起こったことはすでに終わったことだ。永遠に繰り返す必要はない。マイルスの音楽的な実験だってそうだったじゃないか。
近藤の音楽は、今世紀の音楽のスタンダードへと進化しつつある。僕はアルバムカバーが古いヨーロッパみたいだよと言う近藤のeメールのメッセージが好きなんだ。
僕はもっと新しいなにかを考えなくちゃ…。
※現在のアルバムカバーアートは新バージョンです

バートン・レイジ

bartonrage

1982 年 12 月 8 日、ポーランドで生まれ、アメリカで育ち、スイスに住むマルチプレイヤー、作曲家、アレンジャー、プロデ ューサー。サウンドとノイズが明確に区別されない、ハーモニーとディスハーモニーが絶えず変化 し両極から両極へ飛ぶエレクトロミュージックが特徴。多彩なジャンルの要素がミックスされた、型 にはまらないハーモニー、メロディー、リズムが創作される。音そのものの美しさを追い求め、サウ ンドとダイナミクスへ直感的なアプローチを行う。ビジュアルアートクリエイターとしても活躍する。
bartonrage.com/

BARTON RAGE Presents
‘REALM II PARALLAX’ Featuring TOSHINORI KONDO

1.Reminder of another world
2.Path beyond the crest
3.Along the edge of a sword
4.Perish the thought
5.Keeper of luminous gateways
6.Rise beyond hyperreality
7.I as a blackhole

Toshinori Kondo – Trumpet, Effects
Barton Rage – Guitar Synth, Sampling, Mixing, Mastering, Cover Art

TKRecordingsでのダウンロードはこちらをクリック!

wav file, 48KHz, 16bit, Stereo. Total time 55:12.
File Size: 537.1MB

Realm Series

バートン・レイジによるコンセプトシリーズ。最新のテクノロジーと既成概念にとらわれないアプローチで未来の音楽を模索する。アルバムでは、音楽性も地域も異なる場所からやってくるミュージシャンの能力、スキルやアイデアにフォーカスし、最大限に引き出すことが考えられている。エレクトロミュージックへ進み始めたジャズのレジェンドとともに始まった変化は、ゆっくりと若いミュージシャンたちを巻き込みつつある。

NOV.01 2015 ON SALE! “BLOW THE EARTH IN JAPAN 2011”

TKRecordings第十弾「地球を吹く in Japan 2011」を発売します。
こんなに遅れ、会員の皆様にはお詫びのしようもありません。申し訳ありませんでした。
「地球を吹く in Japan」第三年目は2011年に、
冬 能登半島、手取川溪谷、穂高
春 富士山・本栖湖、東北
夏 足摺岬、棚田、四万十川、石鎚山
秋 利尻島、摩周湖、屈斜路湖
と、吹いて回りました。
東日本大震災が起こった2011年に「地球を吹く」がやれたとは!
どうか皆様、日本列島の四季の息吹をお楽しみ下さい。

近藤等則

地球を吹く in Japan 2011
Blow the Earth in Japan 2011

震 動
Shin Dou

1.夜明けの富士 Mt. Fuji at dawn
2.新緑の奥入瀬渓流 Oirasekeiryu of Fresh green
3.吉里吉里海岸の津波 Tsunami on Kirikiri coas
4.宮古の一本桜 Cherry Blossom in Miyako
5.足摺岬の黒潮 The Black Current at Ashizuri Cape
6.棚田 Rice Terrace
7.夏の四万十川 Shimanto River in the Summer
8.石鎚山の夕日 Sunset at Mt. Ishizuchi
9.利尻島の夕日 Sunset at Rishiri Island
10.火山の利尻岳 Mt. Rishiri of Volcano
11.屈斜路湖の秋暮 Autumn Evening at Kussharo Lake
12.手取川溪谷の雪景 Tedori Valley in the Snow
13.能登の海 The Sea of Noto
14.白山の囁き A Whisper of Mt. Hakusan

春 1 – 4 富士山・本栖湖、東北
夏 5 – 8 足摺岬、棚田、四万十川、石鎚山
秋 9 – 11 利尻島、摩周湖、屈斜路湖
冬 12 – 14 能登半島、手取川溪谷、穂高

All composed, played & recorded by Toshinori Kondo
Mastering by Kazunori Takiguchi

Special Thanks to The North Face,(株)タニーパック、(株)オムロン、(株)シーボン、惠利幸二

wav file, 48KHz, 16bit, Stereo. Total time 1:17:56.
File Size: 839.4MB

tkrecordings.com/portfolio/details/blow-the-earth-in-japan-2011/

MAY.20 2016 ON SALE! “The Peacock’s Tale”

アボリジニの金管楽器ディジュリドゥと近藤等則が共演。
Dashmesh Khalsaさんのアルバム“The Peacock’s Tale”の1曲です。
Toshinori Kondo contributed to “The Peacock’s Tale”by Dashmesh Khalsa.
 
“The Peacock’s Tale”より“Heartfire”

Dashmesh Khalsa (Electronics, Didgeridoo, Udu),
Byron Metcalf (Frame Drums),
Toshinori Kondo (Trumpet)


続きを読む MAY.20 2016 ON SALE! “The Peacock’s Tale”

Tamaya Honda Session “Embryo” JUNE.25 2016 at Pitinn

2016年6月25日(土) JUN.25 2016
新宿ピットイン Shinjuku Pitinn

本田珠也セッション「エンブリオ」
Tamaya Honda Session “Embryo”

本田珠也 Tamaya Honda(Ds)
近藤等則 Toshinori Kondo(Electric Tp)
坪口昌恭 Masayasu Tsuboguchi(Syn,P,Efx)
杉本智和 Tomokazu Sugimoto(B)

Open PM7:30
Start PM8:00
Charge ¥3,000(1DRINK付)

新宿ピットイン Shinjuku Pitinn
予約 TEL:03-3354-2024
e-mail shinjuku@pit-inn.com

〒160-0022 東京都新宿区 新宿2丁目12−4
アコードビル B1F

2-12-4 ACCORD BLDG. B1
Shinjuku shinjuku-ku Tokyo JAPAN
〒160-0022