ピート・シーガー追悼番組「野に咲く花は、少女の胸に」

TOKYO FM 5月28日(水)26:00-28:00
ピート・シーガー追悼番組「野に咲く花は、少女の胸に」

1月に亡くなった米フォーク歌手ピート・シーガーさんの声役で出演します。ラッパでもちょっと出演です。シーガーさんの代表曲「花はどこへ行った」は、ベトナム戦争に抗議するフォークソング。戦火のサラエボへのメッセージをこめてこの曲を滑走した女子フィギュアスケート金メダリスト、カタリーナ・ヴィットさんのインタビューなども予定されています。

<追記>

2014年5月に近藤等則が出演した、FM TOKYOのピート・シーガー追悼番組「野に咲く花は、少女の胸に」が民間放送連盟教養部門優秀賞を受賞しました! 制作を統括したのは延江(のぶえ)浩ゼネラルプロデューサー(56)。深夜でお聴きになれなかった方も多かったかと思いますが、1968年の反戦集会、フォークゲリラに集まった人々の津波のような声に、近藤等則のトランペット「花はどこへ行った」がかぶさる冒頭は感動的でした!

“さらに、空の上から今の日本を見つめるシーガーの魂(声・トランペット奏者、近藤等則)も登場させた。特定秘密保護法成立、集団的自衛権の行使容認、そんな足早な動きが番組作りの背を押す。ただ「押しつけではいけない。リスナーを信じることが大事」とも言う。提供したいのは「社会や時代と、より自覚的にかかわるきっかけ」だ。”

2014年12月5日の毎日新聞夕刊で紹介されています。

mainichi.jp/shimen/news/20141205dde018200071000c.html

3年前