近藤CD_ジャケット_0212.indd

APL.22 2015 on SALE! Toshinori Kondo plays Standards “You don’t Know What Love Is”

140422release

サマータイム、枯葉、ラウンド・アバウト・ミッドナイト、マイ・ファニー・ヴァレンタイン、ブルーモンク、この素晴しき世界…6年ぶりの新作は、誰もが知っている名曲を “女の子の耳元でささよくように” 、エレクトロニック・トランペットを吹いた、キャリア初の全曲スタンダード集。異次元の扉を開ける近未来ジャズ!

・数えきれないほどカバーされているガーシュインの「サマータイム」をこれほどロマンティックで官能美にあふれたものにしたミュージシャンはかつていただろうか。 立川直樹(解説より)
・ウォーホルのモンローを初めて見たときと同じくらいのインパクト。 森永博志(解説より)

1993年11月、東京での活動を突然打ち切り、一人アムステルダムに住み始めた。21世紀の音楽を模索したくなったのだ。Nature×Spirit×Technologyの三位一体が次の音楽を産むのでは、と思った。地球の大自然の中で吹く「地球を吹く」を始め、エレクトリックトランペットの開発にいそしんだ。打ち込み音楽も追究した。10年が経ち、世界の大自然の中で吹く「地球を吹く」が一段落した頃、「スタンダードをエレキラッパで吹いたらどうなるんだろう」と閃いた。試しにライブで吹いてみたら、ニューヨークの黒人の友人が”It’s Space Standard !”と煽ててくれた。すぐ煽てに乗る俺は、ムーデイなトラックを作るイタリア人のエラルド・ベルノッチをアムステルダムに呼び、学校の教室よりも広い俺の部屋で録音した。2003年1月だった。アムステルダムの雰囲気・空気感が俺のトランペットに乗り移ったんだろうか。女の子の耳元でささやくようなプレイになった。呼吸こそ異次元への扉。スタンダード・メロディーが未来へと誘う。
近藤等則

【収録曲】

01) Summertime サマータイム
[DuBose Heyward/George Gershwin] 5:30

02) The Girl From Ipanema イパネマの娘
[Norman Gimbel / Vinicius de Moraes/Antonio Carlos Jobim] 4:25

03) Autumn Leaves 枯葉
[Jacques Prevert/Joseph Kosma] 5:34

04) You don’t Know What Love Is あなたは恋を知らない
[Gene Depau/Don Raye] 5:08

05) In A Sentimental Mood イン・ア・センチメンタル・ムード
[Duke Ellington] 5:50

06) Misty ミスティ
[Erroll Garner]5:30

07) Blue Monk ブルーモンク
[Thelonious Monk] 5:24

08) My Funny Valentine マイ・ファニー・ヴァレンタイン
[Lorenz Hart/Richard Rodgers] 5:28

09) Round About Midnight ラウンド・アバウト・ミッドナイト
[Thelonious Monk /Cootie Williams] 4:28

10) What A Wonderful World この素晴らしき世界
[George David Weiss/G.Douglass] 5:10

【ミュージシャン】
Toshinori Kondo ( Electric Trumpet )
Eraldo Bernocchi ( Electric Guitar,Tracks except #8 )
Channel K ( Tracks #8 )

plankton_logo tower DISKUNION amazon

【ハイレゾ配信】

e-onkyo music

ototoy

mora

HD-music

近藤等則の最新ライブ演奏を公開!
2015年4月19日、ピーター・バラカンさんがDJをつとめる「バラカン・ビート」­に近藤等則が出演、ライブ演奏をしたときの音源です。
キャリア初のスタンダード集“~Toishinori Kondo plays Standards~あなたは恋を知らない”にちなんで、最新アレンジのSummer­Time Ver.2015、タイトルのないできたてほやほや新曲を演奏しました。

近藤等則ライヴ
“~Toishinori Kondo plays Standards~あなたは恋を知らない”

IMAバンド以来、20年ぶりにクラブクアトロのステージに立つ近藤。このライヴは2部構成となっており、1stセットは、近藤のエレクトリック・トランペットと盟友、山木秀夫のドラムで、新作アルバムに収録したスタンダード・ナンバーを演奏。全曲、今回のライヴのためにアレンジを一新し、アルバム・ヴァージョンとは異なった最新のトラックになっているとのこと。そして、2ndセットは、SUGIZO(g)が加わって、全曲出来立て新曲を披露! 誰も聴いた事がない、最新の近藤サウンドを聴かせてくれるでしょう。

2015年6月29日(月)18:30開場/19:30開演
渋谷クラブクアトロ
出演:近藤等則(El-tp)、山木秀夫(Dr)、SUGIZO(G)

前売¥5,000/当日¥5,500(税込・整理番号順入場・1ドリンク代¥500別)
セット券:《CD+チケット》=¥7,500(¥8,024のところ)
※取り扱い:プランクトンのみ

【セット券の販売は終了しました】

●プランクトンチケット予約
TEL:03-3498-2881(平日11~19時)
www.plankton.co.jp/kondo/index.html

● 一般チケット
チケットぴあ、e+、ローソンチケット、渋谷クラブクアトロ店頭

3年前