China Demonstration

70年安保を体験した俺にとって、天安門事件は他人事ではなかった。
「China Demonstration」という曲を作り、IMAバンドで抗議ライブを
行った。
それから何十年。世界はますますきな臭くなっている。
音楽でどこまで出来るか、やってやろうじゃないか!!!

BEYOND CORONA 2

Love the Earth Project
By TKRECORDINGS

goes on sale on June 7th, 2020

月刊「BEYOND CORONA」の第二号発表の用意が出来ました。
第二号は「野生を取り戻せ」という音楽かも知れません。溢れ出るいのちのエネルギーを、今こそ解放しなければ。現代資本主義社会の中で飼い殺しされるのは、いのちの本質ではないはずです。
8曲作りましたが、まず3曲試聴コーナーで聴いてください。

発売日は6月7日です。送料・税込みで2500円です。
限定100部です。第一号も少し残ってますので、両方お申込みもOKです。

Byond Corona 1

“LOVE the EARTH” Project セット販売

CDお申込み先 コンタクトフォーム

住所、メルアドをお忘れなく。
振り込み先 株式会社近藤音体研究所
三菱UFJ銀行
登戸支店
普通口座 0069325

Bandcampに俺のサイトが開設されたり、Beyond Coronaを始めたり、ネット上での繋がりが広がり始めたのは嬉しいことです。ただ赤ちゃんがお母さんと肌で触れ合って育つ共感力はネットにはありません。音楽の共感力をどう生み出すか?

BEYOND CORONA 1

月刊「Beyond Corona」発刊

いよいよ、月刊 「 Beyond Corona 」が発刊します。 コロナ 騒動 ですべてのライブは禁止、外出さえままならぬ状況になって、俺には何ができるか、考えました。
世界を覆う不安と混乱のこの状況でしか吹けない、作れない音楽があるんじゃないか? そう思い、スタジオでエレキラッパを吹きました。
みなさんにはひと時でも混乱から抜け出し、気持ちを深く広く持ってもらいたいと思ったのです。
12曲吹き、8曲を選んで『Beyond Corona』というタイトルにまとめてみました。
このところ相談にのってもらっている菊地康幸さんに聴いてもらったところ、「これ限定で発売しましょうよ。僕に手伝わさせてください」といってくれたのです。
何と嬉しい申し込み。100部限定でナンバリングし、タイトルは盤面に手書きでやろうと。価格は送料・税金を含め2500円としました。
コロナが終息するまで、月刊 『Beyond Corona 』を出し続けよう。それが、今出来る俺の音楽行為です。全くのプライベート音楽通信ですが。笑
5月10日から発売します。下記のところにご注文ください。
みなさんの賛同をよろしくお願いします!!!

お申込み先  コンタクトフォーム

希望アルバム名(BEYOND CORONA 1希望)、住所、氏名、メルアドをお忘れなく。

振り込み先:株式会社近藤音体研究所
三菱UFJ銀行
登戸支店
普通口座 0069325

” LOVE the EARTH ” Project

6アルバム 発売中!
Presented by TKRecordings

” Love the Earth “「地球を愛そう」をテーマに、6アルバムを制作、
同時発売します。2アルバムが新作、4アルバムはボーナストラックです。
地球気候変動がここまで来た今、地球への愛に目覚める時だと思うのです。
我々はいつの間にか地球に感謝する気持ちを忘れ、欲望に走ってしまった
のではないでしょうか?

セット販売を続けることにします。少しでも割安にして、聴いてもらいたいからです。
音楽はコロナに勝つ!!!なんてかっこいい事は言えませんが、この6アルバムは、きっとあなたの心を溶きほぐし、本来の生命力を喚起すると確信します。
どうか聴いてください。

『Typhoon 19(台風19号)』

KONDO・IMA21LIVE (TKC-015)

10月12日台風19号の猛威に感応して、10月29日高円寺HighでKONDO・IMA21による緊急ライブをやりました。題して『Typhoon 19』。
「地球を吹く」を二十数年間やってきた俺は、台風19号にインスパイアされたのです。
一年前に出したIMAバンド復活CD『Space Children』からは一曲もやらず、より即興性の強いライブを敢行しました。台風19号のエネルギーに感応して。
ライブレコーディングは、イケベ楽器の沼田さんがやってくれ、
ミックスダウンはイギリスのPaul Beckettがやってくれました。
ジャケットデザインは、友人のグラフィックデザイナー座親さん。
みんなに助けられてこのアルバムが完成しました。
IMA21のメンバーの最高のプレイをお聴きください。

『Born of The Blue Planet(青い星に生まれて)』

KONDO・SOLO (TKC-016)

僕のエレクトリックトランペット ソロです。
地球讃歌のメロディーを吹きたくなったのです。
地球に生まれて最初の記憶がよみがえったのです。
夜泣きする俺をお袋は来島海峡の海辺に連れて行き、しゃがんだ膝の上に俺を
乗せ、黙って海と夜空を見せたのです。満天の星空に輝く満月。その光を浴びて
うねる海。いつしか夜泣きはやみ、その光景に見惚れました。
その時初めて、この星に生まれたんだ、と思ったのかもしれません。
すべてのいのちは、地球に生まれておめでとう!!!のはずなのです。

ボーナストラック

「コンドーさんの未発表音源をみんな聴きたいんですよ」とアドバイスをもらいました。振り返れば、未発表音源があまたあります。

1. 『青空 』
2. 『東京ミーティング 1984』
3. 『山頭火を吹く』
4. 『Back to Space』


この4種類の音源を今回のボーナストラックにしようと。

『青空』

(TKC-017)

青空とは脳天気。
1981年、アコースティック・ジャンク・フリー・ミュージックよろしく、一人でオーバーダブして作った。脳天気初公開だ。
銀座の資生堂FAROで、2001年クリスマスパーティーをやった時の生録も収録。「Fruits girls」こそ、脳天気!!! 歌声をお楽しみください。

『東京ミーティング1984』

(TKC-018)

よくもまあ、こんなメンツが1984年の渋谷ライブ・インに集まったもんだ。
Peter Broetzmann/Bill Laswell/Henry Kaiser/Cecil Monrow/Rodny Drummer/高橋悠治/坂本龍一/仙波清彦/渡辺香津美、そして俺。
“Music is free “「音楽は自由だ」を体現している2日間の即興セッションだと思う。

『山頭火を吹く』

(TKC-019)

山頭火の終の住処である、松山一草庵で2009年12月にやったライブ盤です。旅に一生を捧げ、自然に身を晒し、俳句を自由詩にした山頭火。
分け入っても分け入っても 青い山
風狂の山頭火が いのちを旅する

『Back to Space』

(TKC-020)

2019年4月、相模原の串川渓流でDJ Yamaとやった地球を吹くです。25年以上も地球を吹くをやって来た俺にとって、自然の中で吹く事ほど気持ちのいい事はありません。

6アルバム先行予約開始!

A. 5000円コース
CD2枚『Typhoon 19』&『Born of the Blue Planet』
(発売日以降は、3000円X2枚+tax & 送料)
B. 10000円コース
CD2枚+ボーナスCDR2枚(4枚から選択 )
(発売日以降は、3000円X2枚+2500円X2枚+tax & 送料)
C.20000円コース
CD2枚+ボーナスCDR4枚+『響命』+「五大」+ドネーション
D. 20000円以上
Cコース+近藤への活動にさらなるご支援をお願いいたします

【振り込み先】
株式会社近藤音体研究所
三菱UFJ銀行
登戸支店 258
普通口座 0069325

【お申し込み先】
contact
214-0014
川崎市多摩区登戸2519
東和ビル3階
株式会社近藤音体研究所

住所氏名・メルアド・ご注文コースを記入の上、メールください。
なお、問い合わせもご自由に。

2020年2月11日 近藤等則