菓子箱代が1000円で、中身の菓子はタダだということか!

新宿ピットインが8月から月額1000円でライブを見放題の配信を始めるという記事を見て、無性に腹が立った。菓子箱代が1000円で、中身の菓子はタダだということか! 全く狂っている。老舗のピットインがこんな事を平気でやろうとしてることに、ミュージシャンは屈辱を感じないのか!


ミュージシャンは暴動を起こせ、とさえ言いたくなる。しかしミュージシャンの反応は鈍い。8・14本田珠也氏達とライブ予定が入っているのだが、珠也から「こんなクソなライブやめましょう!」という連絡もない。一体どうなってるんや?反骨・自由を失った音楽は羊がメ〜〜と鳴いてるだけやで!!!


おかげで寛斎さんの追悼アルバムを制作中だが、集中出来ない。
何のために、俺は月刊Beyond Corona をやってるんや。世の中なんかクソ食らえ!魂の自由が音楽だ!とシャウトしてるのに、あまりに鈍く酷いコロナ禍の人間達。俺に文句があるんならいくらでも言ってくれ!!!

今みんなシンドイ思いをしているんだ

寛斎さんの追悼盤の作業をしている最中に、次のようなメールがとどいた。そうなんだよな、今みんなシンドイ思いをしているんだ。
月刊ビヨンドコロナ8月号は、寛斎さん追悼盤になる。元気!をテーマにした寛斎さんに充分答えた音かは判らないが??!!9月号は山口さんのリクエストに応えたい。ただ、CD 「Born of the Blue Planet」」を聴いて欲しい。
心を開くメロディーが 鳴っていると思うのだが。

近藤等則 様

いつも素晴らしい音楽を届けて頂きありがとうございます。

今回は個人的にリクエストがあり僭越ながらメールをさせて頂きました。リクエストの内容は以下の通りです。

コロナの影響で精神的な疲労や障害を訴える人が増えていると聞き及んでおります。このような多くの人々の心を癒す「鎮魂」をモチーフにした音楽を聴いてみたいと考えております。

以前、近藤様がFBで「月刊Beyond Coronaでスタンダードでも演るか」という趣旨のことをおっしゃっていたと記憶していますが、“Toshinori Kondo plays standards / You don’t know what love is”(私の愛聴版です)とはまた違うアプローチでのスタンダードやバラードが聴ければ私としては最高です。

ニ点目はYoutubeにアップされている「エフェクター解説!」についてです。とても素晴らしい内容と思いますので英語のテロップもつけて是非、世界中のファンに届くようにすれば如何でしょうか?

勝手なお願いを書き連ね申し訳ありません。近藤様の飽くなき創作意欲にはいつも元気づけられています。今後とも素晴らしい音楽を期待しております。

山口 健 拝

自由!!!

8月1日になりました。3月始めから丸5ヶ月経ったということです。コロナショックを見ていると、不思議なことに気づきます。
まず、人間の自由意志が統制下におかれてしまったことです。これは、テイのいい恐怖政治です。ミュージシャン達でさえ、「自由!!!」を叫びません。
20世紀のLove the Peopleを超えて、21世紀はLove the Earthだと思うんですが、さてあなたのイマジネーションはどこまで羽ばたくんでしょうか、コロナと共に???

山本寛斎さん

「七人の侍」でラッパを吹いてから、何年間かKansai Super Showのたびに音を作り演奏した。東京、ロンドン、北京、福島………。
クルマの中で、「夕陽がきれいですね」と言ったら、「僕は夕陽が嫌いなんだ。悲しくなるんだ」と、少年の頃の体験談を話してくれた。そうか、寛斎さんの「元気!」はこの悲しみに裏付けされているんだ、と納得した。
婆娑羅な生き方を貫いた寛斎さん。76歳でさようなら、とはあまりに悔しい!!!

Fashion in Motion / Kansai Yamamoto  

Victoria and Albert Museum

Fashion in Motion is a series of live fashion events presented against the unique backdrop of the Victoria and Albert Museum. Featuring some of the greatest designers of our time, Fashion in Motion brings the excitement and spectacle of the high fashion catwalk to a wide audience.

山本寛斎さんショー「HELLO CHINA!!」、華やかに活力届ける 2012.09.07

 日中国交正常化40周年を記念し、世界的デザイナーでプロデューサーの山本寛斎さんが9月7日、北京市内でスーパーファッションショー 「HELLO CHINA!!」 を開催しました (主催: 山本寛斎事務所、中国対外文化集団公司など)。
 日本や中国、西洋風の要素が散りばめられた華やかで活力あふれるステージに、日中両国の観客たちから大きな拍手が送られました。

【9月11日 AFP】東日本大震災発生から半年を翌日に控えた10日夜、ファッションデザイナーの山本寛斎(Kansai Yamamoto)氏が福島県相馬市で東日本大震災の犠牲者を追悼する行事「天灯(Tento)」を開催した。相馬市民ら数百人が集まり、およそ1000個の灯籠を宙に浮かべて震災の犠牲者を悼んだ。(c)AFP
記事はこちら
https://www.afpbb.com/articles/-/2826055