カテゴリー別アーカイブ: SOUND

「夢宙-Dream Space」


「夢宙-Dream Space」
このアルバムを2011年に亡くなった両親、治樹とサナミに捧げる。
This album is dedicated to my parents,Haruki & Sanami,departed in 2011.
Toshinori Kondo ( Electric Trumpet & Tracks)
All songs are performed & composed by Toshinori Kondo
Recorded at Kondo Soundbody Lab.Studio in 2012 ~ 2016

MAY.20 2016 ON SALE! “The Peacock’s Tale”

アボリジニの金管楽器ディジュリドゥと近藤等則が共演。
Dashmesh Khalsaさんのアルバム“The Peacock’s Tale”の1曲です。
Toshinori Kondo contributed to “The Peacock’s Tale”by Dashmesh Khalsa.
 
“The Peacock’s Tale”より“Heartfire”

Dashmesh Khalsa (Electronics, Didgeridoo, Udu),
Byron Metcalf (Frame Drums),
Toshinori Kondo (Trumpet)


続きを読む MAY.20 2016 ON SALE! “The Peacock’s Tale”

Toshinori Kondo studio live

20150629_11

近藤等則ライヴ
“~Toshinori Kondo plays Standards~あなたは恋を知らない”
2015年6月29日(月)渋谷クラブクアトロ
出演:近藤等則(El-Tp)、山木秀夫(Dr)、SUGIZO(G)

ご来場ありがとうございました。
ギャラリーをアップしました。


“Summer Time ver.2015” and latest track “No Title” played at studio live on Japanese FM Radio Program “Barakan Beat”.
Toshinori Kondo & Hideo Yamaki on 29th June, Quattro Shibuya.

IMAバンド以来、20年ぶりにクラブクアトロのステージに立つ近藤。このライヴは2部構成となっており、1stセットは、近藤のエレクトリック・トランペットと盟友、山木秀夫のドラムで、新作アルバムに収録したスタンダード・ナンバーを演奏。全曲、今回のライヴのためにアレンジを一新し、アルバム・ヴァージョンとは異なった最新のトラックになっているとのこと。
そして、2ndセットは、SUGIZO(g)が加わって、全曲出来立て新曲を披露! 誰も聴いた事がない、最新の近藤サウンドを聴かせてくれるでしょう。

2015年6月29日(月)18:30開場/19:30開演
渋谷クラブクアトロ
前売¥5,000/当日¥5,500(税込・整理番号順入場・1ドリンク代¥500別)
●プランクトンチケット予約:03-3498-2881(平日11~19時)
チケットぴあ,e+,ローソンチケット,渋谷クラブクアトロ店頭
www.plankton.co.jp/kondo/live.html

All photo:MOTO UEHARA

APL.22 2015 on SALE! Toshinori Kondo plays Standards “You don’t Know What Love Is”

140422release

サマータイム、枯葉、ラウンド・アバウト・ミッドナイト、マイ・ファニー・ヴァレンタイン、ブルーモンク、この素晴しき世界…6年ぶりの新作は、誰もが知っている名曲を “女の子の耳元でささよくように” 、エレクトロニック・トランペットを吹いた、キャリア初の全曲スタンダード集。異次元の扉を開ける近未来ジャズ!

・数えきれないほどカバーされているガーシュインの「サマータイム」をこれほどロマンティックで官能美にあふれたものにしたミュージシャンはかつていただろうか。 立川直樹(解説より)
・ウォーホルのモンローを初めて見たときと同じくらいのインパクト。 森永博志(解説より)

1993年11月、東京での活動を突然打ち切り、一人アムステルダムに住み始めた。21世紀の音楽を模索したくなったのだ。Nature×Spirit×Technologyの三位一体が次の音楽を産むのでは、と思った。地球の大自然の中で吹く「地球を吹く」を始め、エレクトリックトランペットの開発にいそしんだ。打ち込み音楽も追究した。10年が経ち、世界の大自然の中で吹く「地球を吹く」が一段落した頃、「スタンダードをエレキラッパで吹いたらどうなるんだろう」と閃いた。試しにライブで吹いてみたら、ニューヨークの黒人の友人が”It’s Space Standard !”と煽ててくれた。すぐ煽てに乗る俺は、ムーデイなトラックを作るイタリア人のエラルド・ベルノッチをアムステルダムに呼び、学校の教室よりも広い俺の部屋で録音した。2003年1月だった。アムステルダムの雰囲気・空気感が俺のトランペットに乗り移ったんだろうか。女の子の耳元でささやくようなプレイになった。呼吸こそ異次元への扉。スタンダード・メロディーが未来へと誘う。
近藤等則

【収録曲】

01) Summertime サマータイム
[DuBose Heyward/George Gershwin] 5:30

02) The Girl From Ipanema イパネマの娘
[Norman Gimbel / Vinicius de Moraes/Antonio Carlos Jobim] 4:25

03) Autumn Leaves 枯葉
[Jacques Prevert/Joseph Kosma] 5:34

04) You don’t Know What Love Is あなたは恋を知らない
[Gene Depau/Don Raye] 5:08

05) In A Sentimental Mood イン・ア・センチメンタル・ムード
[Duke Ellington] 5:50

06) Misty ミスティ
[Erroll Garner]5:30

07) Blue Monk ブルーモンク
[Thelonious Monk] 5:24

08) My Funny Valentine マイ・ファニー・ヴァレンタイン
[Lorenz Hart/Richard Rodgers] 5:28

09) Round About Midnight ラウンド・アバウト・ミッドナイト
[Thelonious Monk /Cootie Williams] 4:28

10) What A Wonderful World この素晴らしき世界
[George David Weiss/G.Douglass] 5:10

【ミュージシャン】
Toshinori Kondo ( Electric Trumpet )
Eraldo Bernocchi ( Electric Guitar,Tracks except #8 )
Channel K ( Tracks #8 )

plankton_logo tower DISKUNION amazon

【ハイレゾ配信】

e-onkyo music

ototoy

mora

HD-music

近藤等則の最新ライブ演奏を公開!
2015年4月19日、ピーター・バラカンさんがDJをつとめる「バラカン・ビート」­に近藤等則が出演、ライブ演奏をしたときの音源です。
キャリア初のスタンダード集“~Toishinori Kondo plays Standards~あなたは恋を知らない”にちなんで、最新アレンジのSummer­Time Ver.2015、タイトルのないできたてほやほや新曲を演奏しました。

近藤等則ライヴ
“~Toishinori Kondo plays Standards~あなたは恋を知らない”

IMAバンド以来、20年ぶりにクラブクアトロのステージに立つ近藤。このライヴは2部構成となっており、1stセットは、近藤のエレクトリック・トランペットと盟友、山木秀夫のドラムで、新作アルバムに収録したスタンダード・ナンバーを演奏。全曲、今回のライヴのためにアレンジを一新し、アルバム・ヴァージョンとは異なった最新のトラックになっているとのこと。そして、2ndセットは、SUGIZO(g)が加わって、全曲出来立て新曲を披露! 誰も聴いた事がない、最新の近藤サウンドを聴かせてくれるでしょう。

2015年6月29日(月)18:30開場/19:30開演
渋谷クラブクアトロ
出演:近藤等則(El-tp)、山木秀夫(Dr)、SUGIZO(G)

前売¥5,000/当日¥5,500(税込・整理番号順入場・1ドリンク代¥500別)
セット券:《CD+チケット》=¥7,500(¥8,024のところ)
※取り扱い:プランクトンのみ

【セット券の販売は終了しました】

●プランクトンチケット予約
TEL:03-3498-2881(平日11~19時)
www.plankton.co.jp/kondo/index.html

● 一般チケット
チケットぴあ、e+、ローソンチケット、渋谷クラブクアトロ店頭

FROM 16. JAN. TO JAN. 19 2014 PROJECTION MAPPING BY NAOKO TOSA’S “SOUND OF IKEBANA”

メディアアーティストである土佐尚子先生の作品 “Sound of IKEBANA”に、近藤等則が音楽で参加いたしました。土佐先生は京都大学学術情報メディアセンター教授、シンガポール国立大学客員教授も務められています。2014年1月16日から1月19日、シンガポールのマリーナ・ベイ・サンズにあるアート・サイエンス・ミュージアムのファサードをプロジェクション・マッピングにより、“Sound of IKEBANA” が彩りました。

主催: Singapore Marina Bay Sands.
後援:経産省、総務省、
Singapore Tourism Board,
Japan Creative Center
Urban Redevelopment Authority
Art Stage Singapore
協力:NHK

The Sound of Toshinori Kondo collaborated with the artwork of “Sound of IKEBANA” created by Dr. Naoko Tosa who is a media artist. She is a professor at Academic Center for Computing and Media Studies, Kyoto University and also a visiting professor of the National University of Singapore. A special projection mapping installation “Sounds of IKEBANA” was showed on the exterior of Art Science Museum at Marina Bay Sands in Singapore from 16 to 19 January 2014.

Sponsored by Singapore Marina Bay Sands.
Supported by Ministry of Economy, Trade and Industry,
Ministry of Internal Affairs and Communications in Japan,
Singapore Tourism Board, Japan Creative Center,
Urban Redevelopment Authority, Art Stage Singapore
Cooperated with NHK