20161030

“D-K LIVE Symphony of Vison 2016” OCT.30 2016 AT MANDAKOU

2016年10月30日(日)日没~21時
長谷川 章 (デジタル掛け軸ープロジェクションマッピング)
近藤 等則(エレクトリックトランペット)
at 世界文化遺産 万田坑(熊本県荒尾市原万田200-2)

世界的デジタルアーティストである長谷川章氏による色彩のアート。世界文化遺産である万田坑に映し出される不思議で幻想的な映像が特別な空間を生み出します。

【万田坑DK Live】
期日:2016年10月28.29.30日
30日には近藤等則によるライブも予定されています。
時間:日没~21時
場所:万田坑(熊本県荒尾市原万田200-2)
料金:無料

-お問い合わせ-
万田坑ステーション 0968-57-9155
arao-kankou.jp/blog/4333/

D-K LIVE SYMPHONY OF VISON 2016

長谷川 章   AKIRA HASEGAWA  ….aha
東洋人の持つ無常の精神から D ー K (デジタル掛け軸)を発明した。 人間という生物のリズムを取り戻す新しいアートカテゴリーである D-K LIVE を世界各地でインスタレーションしている。日本民間放送連盟 TVCM 部門最優秀賞をはじめ ACC 賞等数々の賞を受賞。 大河ドラマ「( CCTV )のロゴや tvcm などを数千本制作。
dk.popculture.jp/profile_j.html

万田坑
2015年7月世界文化遺産登録。
三池炭鉱の中心的存在が、明治の頃の技術の粋を集めて建造された日本最大規模の2つの竪坑を持つ「万田坑」でした。炭鉱が閉山となったのち、万田坑は、日本の近代化を支えた場所の一つとして国の重要文化財と史跡に指定され、現存する施設や機械は今も大切に保存されています。また、この万田坑をはじめとした、日本の近代化になくてはならなかった近代産業遺産が荒尾市や大牟田市には数多く残り、『九州・山口の近代化産業遺産群』として、ユネスコ世界遺産暫定リストに登録、2015年7月に「明治日本の産業革命遺産 製鉄・製鋼、造船、石炭産業」として世界遺産への登録されることとなりました。
arao-kankou.jp/sightseeing/history/mandacoalmine.html