ScuoladiAtene

DEC.14 2014 専修大学哲学科公開講座「哲学とパフォーミング・アート」第1回 「フリーな即興の過去・現在・未来」演奏と討論の会

イベント名:専修大学哲学科公開講座
「哲学とパフォーミング・アート」第1回
テーマ「フリーな即興の過去・現在・未来」
ライブと討論の会

出演:
近藤等則(electric trumpet)
立花秀輝(alt sax)
後藤 篤(trombone)

日時:12月14日(日曜日)14時から
場所:専修大学
生田キャンパス9号館(120年記念館)
5Fアトリウム
入場無料

専修大学の開放的なアトリウム空間で、なんと無料の催しです!
多くの方のご参加をお待ちしています!

アクセス
専修大学生田キャンパス9号館(120年記念館)
小田急線向ヶ丘遊園駅よりバスで10分
東急田園都市線あざみ野駅よりバスで35分
専修大学120年記念館前下車 徒歩3分
詳細は専修大学ホームページをご覧ください。
生田キャンパスへのアクセス

専修大学では、一般の方に開かれた公開講座・講演会・シンポジウムを積極的に行っているそうです。その一環として、哲学科により「哲学とパフォーミング・アート」の講座が開催されます。その光栄な第1回ゲストとして、近藤等則にお声かけいただきました。
討論の会そして近藤等則、立花秀輝(alt sax)さん、後藤 篤(trombone)さんとのセッションが決定しました! 自由に発言や質問をしていただけますが、興味のある方なら聞いているだけでもだいじょうぶ! 音楽批評に興味のある方もぜひお越しください!

専修大学ホームページ

-フリージャズからフリーインプロヴィゼイションへ-
専修大学文学部哲学科

フリーな即興演奏は、フリージャズという形で1950 年代に始まり、60 年代に爆発的展開をみせた。その後、60 年代ほどの勢いはなくなったものの、ヨーロッパを中心に世界各地に拡散し、現在も脈々と創造・演奏が行われ、他のジャンルとの融合も進んでいる。この間、フリーな即興は確実に変貌し、フリーインプロヴィゼイションとして音楽世界に大きな影響を及ぼしてきた。しかしその影響や浸透度合いの大きさほどに、この分野がメジャーになることはなかった。それは、ジョージ・ルイスが言うように、エスタブリシュメントによる隠蔽があったかどうかはともかく、そういう演奏を語る「ことば」がなかったという面もあるのではないか。フリージャズにしろ、その後の即興系の音楽にしろ、少数の例外を除いて、ジャズクリティクは語るべきことばをもたなかったし、いまもそれは基本的に変わらない。それは、音楽を語るためのことば、あるいは音楽について考えるための思考の装置が、フリーな即興には対応できないようなことばや装置であるためだったのではないか。だとすれば、それらを新たに作り直す必要があるはずだ。そうした試みの第一歩を、近藤等則氏の演奏から始めるというのは、とても適切で、とても刺激的なことではないだろうか。

専修大学哲学科オフィシャルページ

face2