PARALLAX2

FEB.24 2016 ON SALE! “BARTON RAGE Presents Realm II PARALLAX”

TKRecordingsでのダウンロードはこちらをクリック!

去年の11月だったか、FBに見ず知らずのミュージシャンからメッセージが届いた。自分のレーベルを始めて、一枚目はBill Laswellと制作したが、二枚目を俺と作りたいと言う。彼の作ったトラックが7曲wetranceferで送られて来た。想像力を刺激するトラックだった。
数回聴いてトラックに馴染んで、各曲にふさわしいエレキラッパのセッテイングを探りつつ吹いた。それをネットで送り、ミックスのやり方等数回やりとりした。今年の初めに完成した。ネットで頼まれて今まで何曲か吹いたが、フルアルバムを作ったのはこれが初めて。
バーチャルな出会いが21世紀の音楽を生み出して行くのかもしれない。Barton Rageとは3月5日、ワルシャワのショパン空港で初めて出会う。

近藤等則

近藤等則はマイルス・ディヴィスの次世代のミュージシャンと言われている。彼の音楽家としての挑戦はトランペットを異なる次元へと導いた。単一の音のはずのトランペットがオーケストラのサウンドのような響きを持ち、自然の中で演奏するという「地球を吹く‐Blow the Earth」シリーズがそれを証明している。彼は、21世紀の音楽を作る新世代のミュージシャンの時代がやっときた、と言った最初のミュージシャンだ。過去の世紀に起こったことはすでに終わったことだ。永遠に繰り返す必要はない。マイルスの音楽的な実験だってそうだったじゃないか。
近藤の音楽は、今世紀の音楽のスタンダードへと進化しつつある。僕はアルバムカバーが古いヨーロッパみたいだよと言う近藤のeメールのメッセージが好きなんだ。
僕はもっと新しいなにかを考えなくちゃ…。
※現在のアルバムカバーアートは新バージョンです

バートン・レイジ

bartonrage

1982 年 12 月 8 日、ポーランドで生まれ、アメリカで育ち、スイスに住むマルチプレイヤー、作曲家、アレンジャー、プロデ ューサー。サウンドとノイズが明確に区別されない、ハーモニーとディスハーモニーが絶えず変化 し両極から両極へ飛ぶエレクトロミュージックが特徴。多彩なジャンルの要素がミックスされた、型 にはまらないハーモニー、メロディー、リズムが創作される。音そのものの美しさを追い求め、サウ ンドとダイナミクスへ直感的なアプローチを行う。ビジュアルアートクリエイターとしても活躍する。
bartonrage.com/

BARTON RAGE Presents
‘REALM II PARALLAX’ Featuring TOSHINORI KONDO

1.Reminder of another world
2.Path beyond the crest
3.Along the edge of a sword
4.Perish the thought
5.Keeper of luminous gateways
6.Rise beyond hyperreality
7.I as a blackhole

Toshinori Kondo – Trumpet, Effects
Barton Rage – Guitar Synth, Sampling, Mixing, Mastering, Cover Art

TKRecordingsでのダウンロードはこちらをクリック!

wav file, 48KHz, 16bit, Stereo. Total time 55:12.
File Size: 537.1MB

Realm Series

バートン・レイジによるコンセプトシリーズ。最新のテクノロジーと既成概念にとらわれないアプローチで未来の音楽を模索する。アルバムでは、音楽性も地域も異なる場所からやってくるミュージシャンの能力、スキルやアイデアにフォーカスし、最大限に引き出すことが考えられている。エレクトロミュージックへ進み始めたジャズのレジェンドとともに始まった変化は、ゆっくりと若いミュージシャンたちを巻き込みつつある。