サライ2015年6月号

sarai
「ぞくぞくするほどに色っぽくて危険な官能に満ちた内容だ。近藤が扱っているのは正確にはエレクトリック・トランペットで、音を電気的に加工している。だが、その効果は目も眩むばかり。ジャズというよりは名付けようない新しい音楽」CDレビュー「今月の3枚」(林田直樹)

2年前