「2/4 Toshinori Kondo Commemoration Livestream Session with Tatsuya Nakamura (Drummer) and Kentaro Nakao (Bassist) 」

There will also be limited merchandise. ↓  
Merchandise Info: https://muser.link/mypage/potential-bonus/260

【Live Concert Information】
■Live Concert Name: Livestream Concert 『JIKKEN-Kyoshi-』
■Performer: Toshinori Kondo (Tp) × Tatsuya Nakamura (Dr) × Kentaro Nakao (Ba)
■Date and Time: February 4th,2021
■Ticket Price:1500YELL(¥1,500+tax)
■Ticket Page URL:https://muser.link/__b/events/374
■Livestream Platform: MUSER(https://muser.link/__b/

【English support page】
<About Ticket Purchase >
https://support.muser.link/hc/ja/articles/360055792752-Can-I-Purchase-Tickets-from-Overseas-

<About Watching From Overseas. >
https://support.muser.link/hc/ja/articles/360056243871-Can-I-Watch-the-live-concerts-from-Overseas-

<User’s Guide for MUSER>
https://support.muser.link/hc/ja/articles/360056243891-User-s-Guide-for-MUSER

Electric Trumpeter Toshinori Kondo has passed away last October 2020. As a musician, Toshinori experimented with his limitation of expression with music throughout his career. 「Kondo Ontai Kenkyujyo」(Kondo Sound Body Laboratory) was his Music studio and supported his experiments with music. Now with Toshinori Kondo’s passing away, 『実験JIKKEN』(Experiment) project has been launched. This project aims to maintain Toshinori’s 「Kondo Ontai Kenkyujyo」 and his legacy. As a memorable first event, we will be inviting Tatsuya Nakamura (Drummer) and Kentaro Nakao (Bassist) for a jam session with Toshinori’s solo source.

What is 『実験JIKKEN』?』>
We’ve decided to start the experiment.
At 「Kondo Ontai Kenkyujo」, Toshinori researched music for more than 30 years.
By inviting special guests every time, we want to challenge something no one has done before.
And we’ll be live streaming the process for the world to see.
We want to make a pleasant future between death and alive.

Experiment NO.1 『共振(Resonance)』
For our memorable first experiment inviting Drummer Tatsuya Nakamura (LOSALIOS, MUGAMICHIL) and Bassist Kentaro Nakao(Crypt City, Number Girl)to the lab. Tatsuya and Kentaro leading musicians in Japan for creating oscillation with numerous musicians.
They will be performing a jam session with Toshinori’s trumpet solo sources. It will be the first attempt for Toshinori and the two musicians.
Toshinori and Tatsuya initially scheduled a jam session in Osaka; however, Toshinori passed away a day before the planned date.
Accepting our overdue offer, Tatsuya was willing to invite Kentaro, who never performed with Toshinori. It is a great pleasure to conduct our first experiment with Tatsuya and Kentaro.
This will be no remix nor cover—a one-time-only experiment.

<Live Streaming Partner MUSER (Live Stream Powered by MUSER)
The number of live streams has been increasing these days, but the energy and delight aren’t there. How can we provide the same experience as real live concerts to our fans and musicians? This is also another type of experiment.
MUSER provides a music specialized online live streaming platform with the mission “Power to Music. Power to Artists and Fans”.
Technology is not the critical element for this experiment. A concert cannot be done by just artists themselves. MUSER does not fear to evolve through trial and error to become the partner of music.
[MUSER]https://muser.link

About 『Kondo Ontai Kenkyujo (Kondo Sound Body Laboratory) 』
Kondo Ontai Kenkyujo was established in the 1980s by Toshinori as a studio for his band IMA band. Even after starting his solo activity, Toshinori did not stop recording, creating music, and researching the core element of music at this place. He slept in one of the rooms there, facing music day and night. He was even once proud of himself for creating seven songs in a day.
Toshinori was searching for 21st-century music. Focusing on the earth, he searched for a music that resonates with nature, not humans. One answer he had in his mind was tones.
“This tone doesn’t resonate with nature.”
Toshinori’s played the electrical trumpet with a focus was on tones. Not rhythm or music codes.
What’s the best vinyl for the mic? He even tried using the plastic bag from a convenience store.
This place is not just a studio. It is a laboratory for people to think and pursue their perfect sound and music.

■Performers Profile
<Toshinori Kondo>
Born on December 15th, 1948, in Imabari City Ehime Prefecture. Jazz trumpeter/Producer. From 1978, worked with John Zorn and Bill Laswell in New York. After returning to Japan in 1982, established IMA label in Tokyo. Starts his own band Toshinori Kondo & IMA. Moved to Amsterdam in 1993, conducting a project called “Blowing the earth”. Returning to Japan, he conducts many concert events such as a world peace music festival in Itsukushima Shrine in Hiroshima Prefecture and concert to commemorate the East Japan Earthquake victim. Passed away on October 17th, 2020, at the age of 71.

<Tatsuya Nakamura>
Born in 1965, Toyama Prefecture.
Drummer.
Currently a member of an instrumental band LOSALIOS and a dark ambient rock band MUGAMICHILL.
Official Website: http://nakamuratatsuya.jp/

<Kentaro Nakao>
Born on June 17th, 1974, Fukuoka Prefecture Kita-Kyushu City. Started as a member of Number Girls, a rock band based in Fukuoka Prefecture, in 1995. After the band break-up in 2002, he has worked as a member of Crypt City, Kenichi Asai &THE INTERCHANGE KILLS、ART-SCHOOL, while also working as a producer. Number girls have started again in February 2019 and resuming their live concert events.

Production
Name : Kondo Ontai Kenkyujo Inc.
Address: Towa Building 3rd Floor, Noborito, Tama District, Kawasaki City, Kanagawa Prefecture, Japan
Business Content: Live Music Concert Production
Representative: Kuta Kondo
HP:https://www.toshinorikondo.com/
E-mail:mail@toshinorikondo.com

Toshinori Kondo’s photo:Moto Uehara
Flyer Design:Takeshi Fujimoto(MEANING Inc.)

生配信LIVE『実験JIKKEN −共振−』 / 故・近藤等則Tp×中村達也Dr×中尾憲太郎Ba

English Page

エレクトリック・トランペッター近藤等則(故)×ドラマー中村達也×ベーシスト中尾憲太郎による生配信ライブが2/4(木)に決定いたしました!
配信限定の物販もお見逃しなく!(カードは1枚500円。配信プラットフォーム上では「特典」という表現になっています)
<特典情報>https://muser.link/mypage/potential-bonus/260

【ライブ内容】
■公演名:生配信ライブ『実験JIKKEN −共振−』
■出演:近藤等則Tp×中村達也Dr×中尾憲太郎Ba
■日時:2021年2月4日(木) 21:00開始
■チケット:1500YELL(¥1,500+tax)
■チケット購入URL:https://muser.link/__b/events/374
■配信プラットフォーム:MUSER(https://muser.link

エレクトリック・トランペッター近藤等則は、惜しまれながらも昨年10月に他界した。
類稀なる活動を続けてきた彼は、30年以上も愛用してきたスタジオ「近藤音体研究所」を遺した。
その場を維持すべく、『実験JIKKEN』プロジェクトを立ち上げた。
記念すべき初回は、ドラマー中村達也氏とベーシスト中尾憲太郎氏を招き、近藤のトランペットソロとのセッションを行う。

▽『実験JIKKEN』とは?▽
実験を始めることにした。
エレクトリック・トランペッター近藤等則が、30年以上音楽を探求した場所「近藤音体研究所」で。
毎回ゲストをお迎えし、何か1つ、今までにやったことのない試みをしていただく。
そして、その様子をライブ配信で世界に発信しようと思う。
生と死の狭間で、愉快な未来を創りたい。

▽第1回『共振』▽
記念すべき初回はドラマー中村達也氏(LOSALIOS,MUGAMICHIL)とベーシスト中尾憲太郎氏(Crypt City, Number Girl)をお招きする。数々のアーティストと共演を果たす、日本屈指の『振動』をつくるアーティストだ。
今回は「共振」をテーマに近藤のトランペットソロ音源とセッションをしていただくこととなった。お2人にとっても、近藤にとっても初めての試みとなる。
中村氏は、近藤等則が亡くなった次の日に、大阪で近藤とのセッションを予定していた。
遅くなりすぎたオファーをご快諾の上、近藤との共演経験はない中尾氏に声を掛けていただいた。
リミックスやカバーではない。あくまでその場限りの実験になる。

配信パートナーMUSER
増えてきたライブ配信。届かない熱量、聞こえない歓声。
どうすればアーティストとファン双方にとって、より良い体験を提供できるのか。
これもまたひとつの実験だ。
“Power to Music. Power to Artists and Fans.”というミッションを掲げる音楽特化のライブ配信プラットフォーム『MUSER』。
ただ技術があればいいわけじゃない。ライブはアーティストだけでつくるものではない。
であれば、臆することなく進化/トライアンドエラーを続けるパートナーと一緒にやるしかない。
<MUSER>https://muser.link

■近藤音体研究所について
1980年代に、近藤等則がIMAバンドで使用するためのスタジオとして設立。
ソロ活動に戻ってからも、この場所で独り、音の探求、曲作り、レコーディングを続けてきた。別室で寝泊まりをし、昼夜問わず音楽と向き合った。1日で7曲作ったぞと、自慢げに話していたこともあった。
近藤は晩年、“21世紀の音楽”を模索した。人ではなく、地球にフォーカスし、自然と共鳴することに奔走した。そんな中、彼が見出した一つの答えは“音色”だった。
「自然の中で吹いた時に、この音色じゃ全然ダメなんだ」
リズムでもなく、コードでもなく、近藤はとにかく音色にこだわり、エレクトリック・トランペットを手にした。口元のマイクに適したビニールはなにか。コンビニの袋だって試した。
ここは単なる音楽スタジオではない。自分で音とは何かを考え、音楽として追求する『研究所』なのだ。

■実験JIKKENプロジェクトの背景
リハーサルスタジオ、ライブスペースは数多ある。それぞれの場所に、それぞれの匂い、記憶、魅力が溢れている。アーティストには欠かせない、表現の場だ。
ここ近藤音体研究所もそのように在りたい。と同時に、新しい表現を追求する場にしていきたい。失敗を善しとし、可能性を否定しない、実験の場にしていきたい。
そうした願いを込めて、「実験JIKKEN」プロジェクトを立ち上げた。
近藤がそうしてきたように。

■出演者プロフィール
【近藤等則】
1948年12月15日生まれ、愛媛県今治市出身のジャズ・トランぺッター/プロデューサー。78年からは米・ニューヨークでジョン・ゾーンやビル・ラズウェルらと活動。帰国後の82年に東京でIMAレーベルを設立し、84年に結成した近藤等則&IMAで人気を博す。93年には蘭・アムステルダムへ拠点を移し、「地球を吹く」プロジェクトに取り組む。2012年から再び拠点を日本に移し、広島・厳島神社で世界平和をテーマにした音楽祭や、奈良・東大寺で震災犠牲者を追悼するなど多彩な演奏活動を展開。2020年10月17日に死去。71歳没。
オフィシャルHP:https://www.toshinorikondo.com/
【中村達也】
1965年富山県生まれ
ドラマー。
現在インストバンドLOSALIOSと、ダークアンビエントロックバンドMUGAMICHILLを、やっている。
オフィシャルHP:http://nakamuratatsuya.jp/
【中尾憲太郎】
1974年6月17日生まれ、福岡県北九州市出身。1995年、福岡にて結成されたロック・バンド、ナンバーガールのメンバーとして活動し、2002年に解散。解散後はCrypt Cityをはじめ、浅井健一&THE INTERCHANGE KILLS、ART-SCHOOLなど数多くのバンドに参加するほか、プロデューサーとしても活躍している。ナンバーガールは2019年2月に復活を果たし、ライヴ活動を再開させた。
Twitter:https://twitter.com/kentaro_nakao

■企画
名称:株式会社近藤音体研究所
所在地:神奈川県川崎市多摩区登戸2519東和ビル3階
事業内容:音楽ライブの企画・運営・配信
代表者:近藤空太
HP:https://www.toshinorikondo.com/
<お問い合わせ>
E-mail:mail@toshinorikondo.com

Toshinori Kondo’s photo:Moto Uehara
Flyer Design:Takeshi Fujimoto(MEANING Inc.)

「The 吉原」「FUIGO5点セット」LP販売のお知らせ

近藤等則のスタジオから見つかりました「The 吉原」のレコードを販売いたします。数に限りがございますので、ご希望の方はお早めにお申し込みください。
また、「FUIGO5点セット」もご用意いたしました。こちらは先着5名様となりますので、あらかじめご了承ください。
※いずれもデッドストックのため多少の歪み、汚れなどがある場合がございます。再生には問題ありません。返品はいたしかねますので、ご了承ください。
※送料は一律1,000円となります。

The 吉原 / 3,500円(税込)【在庫有り】

端唄の栄芝流家元、栄芝とジャズ・トランペット奏者/コンポーザー、近藤等則とのコラボレート・アルバム。端唄/小唄という日本の伝統の”粋”と、現代のテクノロジーを融合させた作品。
The 吉原(2003年)
SIDEA
1 淡雪 Awayuki
2 深川節 Fukagawa-bushi
SIDEB
1 雪は巴 Yuki-wa-tomoe
2 並木駒形 Namikikomagata
栄芝 Eishiba : 小唄・端唄 Kouta & Hauta, Vocal
芝園 Shibazono : 三味線 Syamisen
近藤等則 Toshinori Kondo : Electric Trumpet, Programing, Synthesizer
DJ Sahib a.k.a. Yama : Turntable (M-3,4,5,7,8)
DJ Chikashi Nishiwaki : Turntable (M-7,8)
Eiji : Electric Guitar
Ken Kanbayashi : Electric Bass (M-4,7)
Recorded & Mixed by Toshinori Kondo
Vocal & Shamisen Recorded by Yukihito Endo
Recorded & Mixed at Studio Spiritual Nature, Kawasaki
& Studio Rozengracht, Amsterdam

【先着5名様】
FUIGO5点セット / 15,000円(税込)
SOLD OUT

セット内容

  • Fuigo From A Different Dimension
  • What Are You Talking About?
  • DEATH IS OUR ETERNAL FRIEND
  • ヤーパン、ヤーポン
  • The 吉原
Fuigo From A Different Dimension(1979年)
A-1. Fuigo (6’50”)
A-2. Double (4’14”)
A-3. Cliff (10’00”)
B-1. Short-ichi (0’55”)
B-2. Short-ni (1’44”)
B-3. Alto (8’03”)
B-4. Slides out (6’00”)
B-5. Buriki (5’00”)
Toshinori Kondo : Trumpet, Alto Horn, Mutes
A-1, 2, B-1, 2, 3, and 5 recorded at Studio X in Paris, France on March 15 & 16, 1979
Recording Engineer : Hiroshi Naruse
A-3 Recorded live in Bologna, Itary on March 25, 1979
Recording engineer : Andrea Centazzo
B-4 recorded at Sorcerer Sound Studio (NYC, USA) on May 24, 1979
Recording Engineer : Greg Curry
What Are You Talking About?(1984年)
2,500円(税込)
SOLD OUT
A-1. From time to time (3’01”)
A-2. Waking (3’00”)
A-3. Out the back door (3’35”)
A-4. What are you talking about? (3’39”)
A-5. Fried rice field in the summer night (3’24”)
B-1. When Steve comes to Tokyo (3’08”)
B-2. Sasafrakiboo (3’47”)
B-3. Can Can street (3’24”)
B-4. Bitter Sweet (7’13”)
B-5. Fish song (2’25”)
近藤等則 Toshinori Kondo : Trumpet, Voice, Chinese Oboe
Tristan Honsinger : Cello, Voice
Peter Kowald : Bass, Voice
豊住芳三郎 Sabu Toyozumi : Drums, Voice
Recorded at Chestnut Studio (Suzuka, Japan) on 24 & 25 May, 1983
DEATH IS OUR ETERNAL FRIEND(1983年)
2,500円(税込)
SOLD OUT
A-1. Osaka 1982. 9. 27 (23’39”)
B-1. Morioka 1982. 9. 22 (25’17”)
Free improvisation by Toshinori Kondo, Paul Lovens, Paul Lytton
Toshinori Kondo : Trumpet, Mutes, cheap Horn-Speaker
Paul Lovens : Drums, Cymbals
Paul Lytton : Percussion, Live-Electronics
Recorded live during “Kiraku-ni-free improvisation” tour in Japan

ヤーパン、ヤーポン(1982年)
2,500円(税込)
SOLD OUT
Side-A
1.Salute to Fujisawa Shukoh (2’45”)
2.Kwela: (17’39”)
[Hap / Boodschappen / Welkom / Briefkaart / Maurits]
Side-B
1.Habanera (6’15”)
2.Carnaval (3’30”)
3.Japan Japon (7’10”)
4.Zing Zing Zaterdag (3’22”)
All compositions except B-2 by Misha Mengelberg
B-2 by Maurice Horsthuis
The 吉原(2003年)

※下記タイトルは単品購入も可能です。
・What Are You Talking About?(1984年)SOLD OUT
・DEATH IS OUR ETERNAL FRIEND(1983年)SOLD OUT
・ヤーパン、ヤーポン(1982年)SOLD OUT
・The 吉原(2003年)
各2,500円(税込)
死ぬ前に自分で出すしかない。